バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちゃんと生きてた。

さて、近いうちに笹川湖に復活でもしようかな?と企んでいるわけですが、バスタックルを半年以上放置しっぱなしだったため、リールの掃除と糸の巻き替えをしました。


油もさして綺麗さっぱり、動きも快調(/・・)/


ロッドもホコリだらけでしたが(一部くもの巣も・・・汗)こちらも綺麗さっぱりに。




あっ、そうだ。
やつらは大丈夫か??




大事な大事なジョイクロ達
q1.jpg

他のボックスにあと3つほど・・・(ジョイクロありすぎ・・・)



フックが錆びてたりしてないかな?と思ったが、まったく問題なし (・∀・)


まあ、時期的にビッグベイトって感じではないでしょうけど、、、



時期なんか関係ねえーーーー(ノ゚⊿゚)ノ


投げたいから投げるんじゃい!!



ということです。はい。





一番好きな色のジョイクロ
q2.jpg

えーーっと、ハスカラーだったっけかな?


持っているジョイクロの中で一番釣果のある色です。

フラッシングが効いているのかな~。


その次はチャート色。


チャートはどんなルアーでも好成績。


濁ったらチャートのごり押し(爆)


いつもそう(´▽`)




ジワジワと釣りに行きたくなってきたぜー




まずは休みを作らなければ(ノД`)




■ポチッとお願いします(・∀・)/
超久々に更新したのに、ランキングが59位になってるーーー↑
ありがとうございます。 20位くらいまでお願いします(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビッグベイト

ビッグベイト・・・


今年に入り、結構な頻度で使っているルアー。


たまにポツリポツリとは釣れていますが・・・

PA250003.jpg
PA040009.jpg
P9280011.jpg
P9270006.jpg

ジョイクロばっかり(笑)




なぜかこのルアーで釣れるとサイズ度外視で、初めてバスを釣った時のような感動に近い感覚を得られる(´▽`)


たぶん簡単に釣れないからだろう・・・汗





ビッグベイトというとバーンと投げてグリグリ~と巻いてくるようなイメージがあるみたいですが、私的にはスピニングのライトリグに近いものと思って使っております。



ラインの張り具合・・・
通すコース・・・
アクションのタイミング・・・



大きさゆえに一つのポイントに1投、多くても2投程度しか投げない私は、1投の中で色々なことを思いながら引いてくるわけで・・・。


1投にこれだけ気を使うルアーはたぶんビッグベイトだけ。


なので私の中ではスピニングのライトリグ感覚(つーかスピニングのライトリグをやったこと無いのでなんとなくですが・・・。)







ビッグベイトを投げているとよくチェイスする。


しかしチェイスだけで口を使わないことが非常に多い。


私なりに原因を考えると・・・

・食うタイミングや地合いではなかった。
・気にはなっているが、食えるサイズではなかった。
・テリトリーから排除するために追走してきた。
・興味本位だけでついてきた。


色々原因はあると思いますが、基本的にあまり長く追わせると食ってくれないことが多い。






しかしチェイスがあるということは、そこに魚がいるという発見になるわけで、サーチするにはやはりビッグベイトが手っ取り早い。






後は、そこにいた魚にどう口を使わせるか。

アクションを変えるか・・・
時間帯を変えるか・・・
通すコースを変えるか・・・
風などの自然の変化を待つか・・・


そうやって色々考えながら渾身の1投を投げる・・・



だから釣れたときのうれしさは別格(´▽`)
(ま、ほとんどうまくいかないんですけどね。)



ビックベイトでは無いルアーをこのくらい気を使って大事に投げれれば、本来そのほうが釣果が上がりそうですが・・・(笑)








ビッグベイトじゃ沢山釣れないよ~。



そんなことは言われなくてもわかってます(笑)


メジャーフィールドでボートがしょっちゅう行き来するような場所で投げること自体間違っているといわれてもおかしくない・・・。


でも投げることで一つでも得られることがあれば・・・それはビックベイト以外のルアーを使う時のヒントにもなるはず・・・



沢山釣れないのは承知の上。
でも沢山投げなきゃ、一向に釣れないルアーになってしまうのも事実。



下手は下手なりにでもとりあえずいっぱい投げて覚えるしかありませんな~(´д`)




武器にするには長い道のりです。






PS・ジョイクロマグナムでまだ釣っとらん(泣)



■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 未分類 | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイムベイトとビッグ?ベイト

本日火曜日。




ですがまたも家にいます。

仕事です(笑)





釣行記を待っている方には申し訳ないっす。
(別に誰も待ってないか・笑)





そんな今日この頃ですが、暇さえあれば釣りに関する何かをしている私。

短時間でもそれが癒しの時間(´▽`)



今日は何をしようかな?







スイムベイト・ビックベイトの専用BOX
P4200005.jpg




メインのBOXにはバドやらクランクやらスピナーベイトやらジグやらスイッシャーやらとこまごまと入ったいるため、そこそこのサイズのものはこのように別口。


先週なんかはこの別BOXだけでよかった・・・そんな感じだが。



ビックベイトといっても、本当のビックベイト使いの方と比べれば小さいほう。
ビックというよりミディアムくらいですかね。



まあティンバーフラッシュやらS字形、連結系のでかいのは他にあるが、持って行くときと持っていかないときがある。

私的にものは順番が大事と思うようになり、何の知識もなくいきなりビックベイトを乱発しても釣れることはないと考えるようになった。それからは、ある程度のサイズから順にサイズを上げて行くように今はしている。


風や影、流れやタイミング、潮周りから水温変化、増水、減水・・・



さまざまな事をしっかり踏まえたうえで投げ込まないとビックベイトで狙って釣ることは難しい。
小さいバスを排除することは出来るが、狙うデカイバスは状況をしっかり把握していないとそうそう出ては来ない。



ただむやみに投げまくって釣れた魚はただの運と思う私。

やっぱりすべてを考えた上でのビックベイト投入→バイト!が望ましい。



ただ小さいバスも釣れないのにビックバスを狙うのは順番が違うと思っているので、少しずつ狙うサイズやクオリティを上げて行くようにしていくことが大事と思うわけで。


ということで今は極端にデカイルアーは使っていないが、スイムベイトなら5,6インチクラス、ビックベイトなら15~20cm位をBOXに詰め込んでいる。



投げるにもこのくらいのサイズなら楽ですし、専用ロッドが必要でもないですからね(笑)
(5オンスまで投げられる専用ロッドはあるんですが、現在は使わないので保管中・笑)

でもこのクラスのサイズにもう慣れてきたので、ジャバロン160でも大きく感じなくなっているが・・・・。





魚を探すサーチベイトとして私の中で最強のハドルトラウト6インチ ウィードレス。
P4200006.jpg


ウィードレス。これが必須。

やはり針が見えないだけでチェイスの回数が変わってきます。

根がかりがしなくなるということもありますが、以前使っていた背針仕様とは違い、魚が追ってくる回数が明らかに増えたと感じる。

この経験からフックに対して考えるようになり、見せて食わすタイプのルアーはいかにフックを見せないか、フックと感じさせないかを重要視するようになった。



んで、こいつら。
ハドルスイマー5インチ
ジャバロン160
P4200008.jpg


ジャバロンは亀山のこともありますが、基本フックが見えないこともありますね。

デカイバスになればなるほどフックに対して警戒するわけですから、無ければ無いほうがいい。

ってことで、常備用意。



他のプラグたちはやはりこんな感じに。
P4200009.jpg



フェザーフックにしております。

フェザーをつける事で、フックだと思わせないことが出来るわけですが、もうひとつフックの暴れを抑えられること。

腹の下のフックが暴れることで、ボディと擦れ音を出してしまいますが、フェザーをつけることでそれを抑えられ、ボディにフックが張り付いてくれるという利点があります。

以前買った羽があったので、巻きまくりました(笑)




P4200010.jpg

こいつはアチックというメーカのQuattro B.Bというやつ。17cm
かなり前に買ったビックベイトですが、リップレスでの連結タイプ。
まああれですな、ロイヤルフラッシュみたいな蛇みたいな動きです。

ただこれ、すごく絶妙なセッティングでして、フローティングなのですが指でチョンと押すだけで簡単に水中に入ります。(もちろんスローに浮き上がってきますが)
その絶妙なバランスのため、非常にナチュラルに動き、ちょっとしたアクションにも機敏に反応してくれるんです。
私の中で一番釣っているビックベイトですね。

でもノーマルと違うとこが・・・・
ノーマル→http://www.attic.ne.jp/qbb1.htm



それは尻尾(汗)

岩盤にぶつけて何度も破損させてしまい、4連結目の尻尾が完全に壊れたんです。

で、ウッドで適当に作って復活させ、ついでにヒートンつけてブレードやフックなどを付けられるようにしたわけです。

ただ絶妙なセッティングのルアーだったので、この尻尾部分を作るのに結構苦戦しました。

浮力がないと沈んでしまうし、浮力が強いと全体のバランスが崩れたんです。

ノーマルが絶妙すぎて、ただ尻尾を作るのにも大変でした(笑)


でも今は主戦のビックベイト。

1つはフローティングのまま、もう1つはスローシンキングに。

かなり使えるルアーです。(私だけかな??)



デカイルアーはデカイフックをつけるわけですから、いかに隠せるか、ごまかせるかで、そろえてきたらこんなBOXになってしまいました。

まあ、ビックというよりはミディアムクラスなのであれですが、これでそこそこのサイズやクオリティの良いバスがコンスタントに釣れるよう自分がレベルアップしたら、今度は完全なビックベイトをそろえて行こうと思います。




目指すはサイレントキラー・スライドスイマー250!




PS・サイズアップは順番に(・0・)/




■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 未分類 | 19:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。