バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月26日 相模湖釣行

今回は今年初の相模湖釣行。

関東では1・2位を争うほどの難しい湖といわれていますが、まだ私が小学生の時に親父に連れられこの相模湖に来ていたときは1日5~10本は楽に釣れていた。(もう20年も前の話)

あの時は今みたいに多くのルアーがあったわけでもなく、ワームもストレートワームばかりでしたね。
そんな中で分けもわからずに投げていた私でもポコポコ釣れていた湖でしたが・・・今では難しい湖と化していますね(汗)

やはり一時期のバスブームあたりからどの湖でもバスがスレてきているんですかね~・・・・。

どのネット情報を見ても良い話なんて関東ではほとんど聞きませんし・・・。

10本以上!! なんて超まれな話ですから・・・・・・


とまあ、そんな激プレッシャーの相模湖に行った訳ですが、到着してビックリ!!

水が無ぇ~~~~(汗)

2Mくらいは減水してましたかね。オーバーハングが見事になくなっていました(笑)

普段は見えないストラクチャーが出現していたのは良い情報としてよかったのですが、ちょっと水なさすぎ。。。バスも深場に行ってしまっているような・・・・・。

それでも来たからにはがんばりましょう!!!(笑)


相模湖といえば岸沿いに連なるオーバーハングでしたが、今日は無いということでストラクチャーが少ないわけです。ということはバスにとっても付く場所が限られているわけで、ストラクチャーの取り合いになるのではと考えてみました。という事で、狙い撃ちを敢行!!

さらにベイトフィッシュのような小魚がかなり表層に浮いており、後は捕食の時間さえ合えばいけるのでは?と相模湖をなめたような考えで挑んでみた(笑)


小さめのミノー・ジグヘッドのスイミングワーム・テキサスリグ・ヘビキャロ等をさくさく変えながらとりあえず目に見えたストラクチャーを狙う・・・・・


私「うんともすんとも言わね~~ 汗」

まあ相模湖です。そう簡単に釣れるとも思っていません(笑)


秋山川へ

この時期スポーニングで秋山川は良いといわれる。しかし今日は・・・・・・水が・・・・・無い。
上流に向う途中、水深が1Mを切っていまい、ボートが・・・・・ハマル(汗)

私「うおーやばい! はまってしもうた・・・・・・。」

エレキを上げ、自力で脱出(汗) まあそんなところだったので、釣りにもならず・・・・・(水はすごく綺麗でしたが)


午後になり吉野ワンドへ。本来秋山川などの川をやりたかったが、この減水では仕方ない。

私「おお~ここはベイトフィッシュだらけやないか~~~!!」

岸沿いに小魚が異常にいる。これでもか!という程ウヨウヨ。 後はバスが食いに来るかどうか。

私「おっ!!ついに発見!!」

40UPくらいだろうか。入り組んだ岩陰に2~3匹のバスが浮いている。


私「ここで釣らなきゃ今日は釣れね~ぞ!」


スレバスでしょうから、ノーシンカーで少し先に投げチョロチョロと近づける。


「チョロチョロチョロ~~~~」

バスの目の前に・・・・・・・・・





シカトされました(汗) 微動だにしません。


私「もう一回だ!!」

「チョロチョロチョロ~~~~」





再シカトです(汗)  見えバスはやはり難しい・・・・・。



私「むかつく~~~~!!ミノーでリアクション狙いだ~~~!」

「ヒュッヒュッ」


バス「いい加減にしろよ兄ちゃん。」

そんな感じにバスはゆっくりと姿を消していった・・・・・・・・。


しかしあの反応の無さ・・・・何すればいいの???時間帯かな~~~~。。。。。


時間が進むに釣れ強風も吹いてきた。。。。


減水、強風、過度の疲れ。。。。。


終了!!!


水が増えたらまた来よっと(笑)

釣れなくて難しすぎて、逆にやる気が出る私はMなのでしょう・・・・・・。


■↓どこかをポチッとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 相模湖 釣行記 | 12:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月21日 荒川釣行

いろいろやる事があったのだが、ちょろっと近くの荒川へ(笑)

強風が吹きまくっていたので、川はザバザバ。なので支流との合流点へ向い、出来るだけ波がたたない場所でトライ。

風のため体感温度はかなり低かったが、水温は12度程度。

ベイトでもいればやる気は出るが、やはり風のせいか水面には生命感が全く無い。


私「ちょっと厳しいね・・・・・。」

ミノーやらラバージグやらいろいろ投げては見たが、それらしい感じはまったく無い。

チョロチョロ歩きながら打ち続けていたところ、足元にクランクベイトが落ちていた。

赤と黄色のクランク。リップが短かったのでシャロー用か。

私「おっ泥まみれのクランクだ。こんなの使っているんだね。まさにご当地ルアー!!(笑)」


破損でもしているから捨てていったのかな?と思いながらも早速それを取っ付けキャスト。

私「おっ全然使えるじゃない!!」

水にぬれて上がってきたクランクは綺麗なもんだ。破損はどこにもないので、せっかくなので持って帰ろう。


私「少し投げ続けっかな。」

使えるとわかったので、ガンガン投げて引きまくった。

「ガンッ!」


私「えっ!?」


「ギューーーン!!」


私「おおお~~~~~!?」



「ブツッ!!」



・・・・・・・・・・?????



クランクを引いていたら、いきなり何かにかかった。と思ったとたん、ヌ~ンとルアーを持っていく。
竿を立てて一瞬踏ん張ったが、お構い無しにヌ~ンと引きこんでいく。
といっても一瞬の出来事。ブツッっと糸を切られ、終了。


私「でかいコイにでもかかってしまったのか?姿も見えずにご当地ルアーを持っていかれた・・・・。」


バスではないでしょう。かかって暴れたというわけではなく、普通に泳いでいる感じで持っていかれたので、たぶん馬鹿でかいコイか・・・・と思う。


かなり岸に近かったので、産卵関係で上がってきたコイだろうか・・・。


以前はレン魚をかけてしまって、一瞬で竿を折られたこともある。
でかい魚がいるところはちょっと怖いなと思った今日この頃・・・・・・。


という事で釣果0匹(笑)

| 荒川 釣行記 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月18日 亀山湖出撃

今回はいつもの笹川湖ではなく、そのすぐ北の亀山湖に。

関東では超有名なこの湖ですが、なんと初(笑)

何でかというと釣り人が多そうだったから。出来るだけ人のいないところを求めているので、亀山湖は論外だったわけで・・・・。

でも今回はなんとなくというか、50UPが沢山釣れているようだったから行ってみたという訳。


私「さ~てと、まずはどこのボート屋に行こうかな・・・・。」

笹川湖に比べてでかいので、どこのポイントでやるかでボート屋が違う。

まあこの時期どこでも”ワカサギ”の名を聞くわけで、出来るだけ川があるところ・・・という事で、亀山湖でも一番南に位置するボート屋に。


ボート屋には朝6時に到着。早速ボート屋のご主人に質問攻撃(笑)

私「亀山湖初めてなんですけど、どこが良いんですか???」

ボート屋「今はもう浅場まで上がってきているから、ボート屋周りと笹川上流が良いね~。」

私「そうですか。」

ボート屋「カバー打ちならボート屋の横のワンド、笹川上流ではミノー投げ続けた方がいいよ。」

私「わかりやした!!」

ということで、地図に良いポイントを赤線でチェックまでしていただき、いざ出撃。

この平日、いくら亀山湖でも人はいないだろう・・・と思ってはいたが、笹川湖や相模湖よりはいるいる(汗)

このボート屋でもすでに7・8艘は出ていたか。(そんなに多くはないが・・・)


さて朝の水温は11度。もうここまで上がってきた。
とは言ってもやはりバスには低い水温。下手っぴの私に果たして何とかなるのだろうか・・・・。
まあ笹川湖よりは魚影は濃いはずなので、期待を持ってがんばってみた。

水温がもう少し上がる昼まではカバー打ちを決行!!
ボートを流しながら目ぼしいところへガンガンラバージグを放り込む。


まったくうんともすんとも言わない・・・・・・。



う~んやはり初の場所はいまいちわからん??そう思いながらもラバージグを変えながら打ち進む。

「コツコツ・・・コツコツ・・・・」


私「おっあたりやないか~~~~!」

しかしたぶんブルーギル。食い込む感じではない。



「コツコツ・・・コツコツ・・・・・・」

私「おお~!!またあたりや~~~~!!」

でもブルーギル 汗(と思う)


まあブルーギルでも当たりがあるということだけでも、嬉しい(笑)
だって笹川湖では当たりすらないんだからね(笑)
久々に生命感を感じたというわけ。


「ゴンッ!!」

私「おっ!!これは来た~~~!!」

久々の魚とのやり取り・・・・・・でも、すぐに上がってきた。。。。。

30弱のバス。 釣れたのは良いが、小さすぎ。。。。

周りに人がいたため、恥ずかしくて写真は取れん。。。。。


その後ギルの当たりがポツポツあったので、小さめのワームに変えてみたら・・・・・

「パクッ・パク・パクッ!!」と立て続けに3本(笑)

ギル釣りになってしまう・・・・・。


さて昼になり、水温も13度。笹川上流にGO-!!

ミノーを装着し気分上々で向う。

ボート屋に教えてもらった場所は・・・・・・なんと水深1M(汗)

私「おいおい、1Mって。。。。エレキこの先進めるんか???」

この時期に水深1M弱のエリアでルアー投げてたら「あいつアホか」と思われそう・・・・。
良いよといわれてもここに時間を費やすのはもったいないと判断。
時間をかけて行った場所だが、あえなくUターン。

その後笹川で水深3M程度を狙ってミノーを引き続けたが、1バイトのみ。
しかも食い込まず・・・・・・。

岸沿いでも結構急深になっており、明確に良いかもと思われるところにはやはり人の入りも多い。
でも今回周りに回ったので、次回来た時は狙い撃ちで回ろうと思います。


ボート屋「釣れましたかい?」

私「ギルばっかりで 汗」

ボート屋「笹川上流に行った?」

私「行きましたけど水深1Mしかなかったんで、Uターンして戻りましたよ。」

ボート屋「ああ~~駄目だよ~。その場所で立て続けに5本上げた人が今日いたよ。浅くてもいるところにはいるからやんなくちゃ。今日はカバーがいまいちだったからね。」
私「まじですか・・・・・・。」

昼間ではカバー打ち、笹川上流はやらずにシカト。
やる事なすこと裏目に出っ放しの今日の私。(まあいつもの事か・・・・・。)

現地の人の言う事は信じなきゃね(汗)

もう少し暖かくなったら、またチャレンジしてみます・・・・・・。


PS・笹川と似ているのかな?と思いましたが、水中での根がかりは一度もなかったので、基本的に何でもやれると思いました。笹川は根がかりとの勝負みたいな感じですから(汗)
カバー打ちが得意なら、良いんではないでしょうか。
後は入り組んでいるので、各岬を狙うといいのかななんて思いました。(というかまだ初なので、感じただけです 笑)


■↓どこかをポチッとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ

| 亀山湖 釣行記 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。