バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月22日 笹川湖釣行

はい、おなじみ笹川湖です。
先週末の台風影響で、約2ヶ月ぶりに満水に戻りました。
というか、満水以上。今年見たことないぐらいの位置まで水が・・・・・。

しかも行った22日は雨模様。朝、笹川湖に向う途中、館山自動車道ではあまりの大雨でほぼ前が見えない状況でした。現地到着時にはやや小降りになっていましたが、こんな状況ですから各流れ込みはどろどろの濁り水が・・・・・。果たして今日はどうなるか・・・・。

早速出航。さすがにこの天気ですからお客さんも少なく、ほぼ貸しきり状態。
人のプレッシャーが少ないのはいいが、気温も低くやや肌寒いし雨はシトシト降り続けているし、自分が大丈夫?って感じ。

まあそんなことでめげる私ではないが・・・・


まずは水量も多いし、雨も降っているという事でビックベイトで状況を探ってみる事に。
各岬から、岩盤、シャローとあらゆるところで引いてみるが、うんともすんとも言わない。というか、魚が見当たらない。ブルーギルでさえたまにポツッと見るくらいで、あとはコイばかり。
急な増水でもしかしたら以前の水深についたままなのか。上まであがってきていないのか。
水温は23度ほど。悪くは無いが、横の動きにさっぱりである。

う~ん、今日はなかなか手ごわいな。。。


そう思いながらウロウロしていると・・・・・。






ザー。






急な大雨。近くに橋でもあれば逃げ込めるが、そんな場所にいなかったため思いっきり大雨をくらう。
急いでカッパを着てみたが、あまりの激しさにカッパで雨を防げないほど。
なぜかパンツまで雨が進入(汗) おいおい、ちゃんとしたカッパ着ても豪雨にはムリなんかい!!

でもボート屋に戻るほど近い場所にはいないし、仕方ない釣りを続けるか・・・・。

ザップリと雨を受けつつ釣り再開。水面はとんでもない事になっているので、思いっきり派手な音を・・・ということでバズベイトのバブルトルネードを装着。
立ち木の間めがけてキャスト。


カラカラカラカラ・・・・・・・


雨の中、わずかに聞こえるペラの音。



ボコッ!!




バブルトルネード1頭目にいきなりのバイト!!

雨の中で食ってきた!!
IMG_1043.jpg

サイズは30くらい。 とりあえず1本目である。


もしかしたらこの雨で良い方向へ向うかも・・・
そう思いバズを引き続けるが、その後はさっぱりでチェイスすらない。

雨も小降りになり、霧雨状態に。
さてどうするか。トップも出ないし、スピナーベイト・ビックベイトにも反応なし。
どうも横の動きはムリっぽく、雨が降ったこの状況なので岸に張り付いているのかもしれない。
ということでファットイカで岸沿いを重点的に狙ってみる。








IMG_1040.jpg
IMG_1044.jpg
IMG_1045.jpg

ポツポツ出るがサイズは30前後が多く、いまいちデカイのが釣れる気がしない。
カバーの表層ではなく、カバーの深いところがいいのかなと思い、3/8のラバージグを装着。
トレーラーはファットクロー。さっぱり使っていなかったので、トレーラーで使ってしまえ(笑)


各カバーに入れていく。隙間にもきっちり入れ込み、1回落として回収を繰り返す。
これがはまったのか、各所でヒット!今日のパターンはこれだったのかもしれない。







IMG_1041.jpg
IMG_1046.jpg
IMG_1048.jpg
IMG_1051.jpg
IMG_1047.jpg
IMG_1050.jpg
IMG_1052.jpg

バラシも多かったが、上げた中には40UPも3本。
結局このラバージグの選択で、終わってみれば18本上げていた。

40UP3本ということで、今日はこのパターンで正解だったかな??
(わからないが・・・)

終わりまでずっとシトシト雨に打たれ続けたが、まあこの釣果なら満足である。
出来れば50UP1本くらいは・・・・入れたかった・・・・・。



釣果 18本(40、41、43など) バラシ多数


ボート屋さんに帰ると、他の方達はボウズだったよう。
ノーシンカー主体で行っていたようで、さっぱりアタリもなかったみたい。
食い気はなく、巻物を追う事もしなかったですからね。(私が感じただけかもしれないが・・・)
今日はしっかりと沈めることと、食わせよりリアクションが肝だったような気がする。
食い気の無いときはリアクション。といっても私はいつでもリアクション主体ですが(笑) 



■↓どこかをポチッとお願いします
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 笹川湖 釣行記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月9日 笹川湖釣行

ハイ、いつもの笹川湖です。

たぶん今年はこの湖でごり押しでしょうね(笑) 他に行く気になれません(大笑)

さて先週は無人状態であった上流で美味しい思いをした私。今回は前回まではいかないでしょうがそれでもそこそこ釣れるだろうと思い、また上流にいってみようかなと笹川湖へ。
先週末かなり大型が上がっていたようで、それも含め今回の釣行です。


ボート屋さん1番乗り。早速いつものように釣果ノートを・・・・。

まあ見る限り釣れている人は釣れており、釣れない人は釣れないといった感じで、まあそれなりに魚のいる場所をつかんでいる人は釣っているようだ。
ただむやみに投げても釣れていた夏場とはちょっと様子が変わってきたように思えます。


さっそく準備をし、1番で出航。 目指すは上流という事で今回も他には見向きもせずに一目散にトンネル南まで行く。

あっそうそうこのブログにこんな質問が来ていました。
「タックルはどんなものを使っているんですか?」と。

簡単に説明しますと、スピニングタックルは持っておりません(笑)ので、すべてベイトタックルでございます。竿はミディアム以上で、基本はミディアムを2本、ミディアムヘビーを2本、ヘビーを1本の計5本の強力タックルでございます。
ラインは16以上で、ヘビータックルは20でございます。

要は、大型がかかっても平気で、カバーのぐちゃぐちゃした所からも強引に引き抜くためのものばかりでございます。

こんなタックルなので、ルアーも重いか大きいか。一番軽いのでファットイカとなります。

以上です(笑)


とまあ強力タックルで挑む私ですが、今日はネコリグを使ってみようとワームを仕入れてきました。
ただベイトのミディアムの竿でも飛ばせるようにと仕入れたのは”エアークラッシュ 6.6インチ”
20CMくらいあるワームですわ(やっぱ大きいですね)
これにシンカー埋め込めばベイトタックルでもいけると踏んでもって来ました(笑)

ということで、まずは投げられるか試すためこのネコリグから。

トンネル南を越えた一発目の橋げたでキャスト!

・・・・


あんまり飛びませんね(汗) やっぱスピニング必要かな~~。。。



ゴン!!

ゆっくり沈む最中にバイト!

で、上がってきたのはこいつ↓
IMG_0999.jpg

ワームの方が長いような・・・・・。

フォールといってもそんなに沈んでいないところで食ってきたので、浮いてはいるがきっちり沈めないとまた小バスラッシュになる・・・・そんな予感がした1匹目でした。

ということで仕入れたワームで食ったので、いつものスタイルに戻し、まずはハドルトラウト(いきなりでかいっす・笑)を投げまくります。


ある程度表層にはいるだろうと、巻いていると・・・・

ゴッゴッ!!


おりゃ~! 


あわせるが尻尾辺りをくわえていたのでしょうか、すっぽ抜け。 
ルアーを見ると、やはり尻尾辺りが数箇所ちぎれている・・・・・ああ~ハドルトラウトが・・・・・。
接着剤で補強しなければ尻尾が取れてしまいそうだったので、早速アロンアルファで。
別のルアーにチェンジです。


その後スピナーベイトで流しながら上流へ。その途中にゴミだまりがチラホラ。
水温も26度辺りだったので、シェードになるゴミだまりはいいだろうということで、ラバージグに変更。
手当たり次第にゴミだまりへ投入。




バコッ!!


ガツンッ!!

IMG_1012.jpg
IMG_1018.jpg
IMG_1020.jpg

ガッツリです。
しかもなかなかのサイズも。さすがにゴミだまりでかかるサイズはまずまずだなと。

こういうときに強力タックルの力が発揮されますね(笑) ゴミにグリグリラインが絡んでもお構い無しです(笑)



さて上流到着。 非常に水がきたなく、どろどろ状態。
クリアな水は嫌いで、多少濁っている方がいいと思う私でも、ちょっと引いてしまうような濁り方。
こりゃ駄目だな・・・と思いましたが、ここでもちょっとしたゴミだまりを攻めてみる。

水深が1Mも無いところなので、ラバージグで直撃するより、ゴミの上でチョコチョコさせて気付かせるほうがいいかなと、朝一にヒットしたネコリグをゴミだまりに投入。水面に出るかで無いかでチョコチョコを動かしていると・・・・・


バッシャッ!!

IMG_1000.jpg

40っすよ(汗) ビビリましたよ。 目でも底が見えるような場所で、ちょっとしたゴミの下にいるとは思いませんでしたよ。
逆に言えば、他に隠れる場所が無いと言えば無いので、ここといえばここか。。。


その後アタリもないので、上流からくだる。 多少重めのラバージグで一気に沈め小バスが食わないようにボトムを狙っていると・・・・・・・


ガッツリ!!

IMG_1022.jpg

またもや40ジャスト!!

結構引いたのでもう少し大きいかなと思いましたが・・・・・




すでに日が昇り昼。かなり暑い。
この時間になるとなかなか釣るのは難しいが、この笹川湖、なぜか昼の時間帯にスクールを発見する事が多い。20、30匹くらいの大きなかたまりが岸沿いを泳いでいるのを今までも何度も見ているので、昼と言っても入れ食いになる爆発力があるので、気が抜けない。
キャストもせずにある程度水深のある岸沿いを流していると・・・・・

前方になにやら水面がユラユラしているところが見える。そっと近づくと・・・・・


!?



いましたよ。かたまりが(笑)
ゆうに30本は超えるであろうバスのかたまり。 ベイトを食いながら岸を流しているのだろう。

早速こいつらを一緒に移動しながら釣りまくろうではないか!手にしたのはファットイカ。リアクションでパックリだ!!



いっけえ~~~~!!

IMG_1001.jpg
IMG_1004.jpg
IMG_1005.jpg
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg
IMG_1008.jpg
IMG_1010.jpg
IMG_1011.jpg

魚群を追いかけながら釣ったりました(笑)
ただこの魚群もいつでもいるわけではなく、ある時間帯だけ表層に上がってくるようで、夕方にはさっぽりいなくなってしまうのです。 おかしな時間に姿を現すので、いつも気が抜けません。

小一時間ほど楽しんでいましたが、さすがに魚群も深場に沈んでしまったのか見失う。


仕方が無いので、別の場所でフィーディングでも狙うか。

夕方になり耳を澄ますと各地で小魚を追って水面に飛び出ている音が聞こえる。
バズベイト・ファットイカで、音がした場所へエレキ全開で高速移動!!!

アッチだ!コッチだ!とボートを高速移動させながら、フィーディングバスを狙い撃ち!

IMG_1013.jpg
IMG_1014.jpg
IMG_1017.jpg
IMG_1019.jpg
IMG_1023.jpg
IMG_1024.jpg
IMG_1025.jpg
IMG_1026.jpg
IMG_1027.jpg
IMG_1029.jpg

やる気のあるバスは一発で食ってくるので、非常に時間短縮されいいっすね。


ということで今日は1日中釣っていたように感じました。



釣果 バス20本以上 (40UP 3本)


40UPと言っても全部ぴったり40CM(汗) 39とか、41とかではなく40。
なんでやねん! と思いつつも満足した日となりました。


■↓どこかをポチッとお願いします
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ

| 笹川湖 釣行記 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月3日 笹川湖釣行

9月になりました。 で早速笹川湖へ(笑)

ちょっと焦って行ったのですが、これには一つ理由があります。
ここ最近減水が続き、ボートではいけない(底がむき出しになっていたため)場所がいくつかありました。そんな中で一番の場所は上流。トンネル南というポイントから先へはいけなかったんです。
そうですね~少なくとも1ヶ月近くは入れなかったと思います。

しかし先週末に待望の雨が降り、一気に減水も4Mから2Mへ。これにより、上流へいけるのでは?と慌てていったわけです。
だって一ヶ月くらい叩かれてないんですよ~。もう入れ食いになると思ってしまうじゃないですか(笑)

ということで、慌てて釣行です。

現地に着き、ボート屋さんの釣果ノートを拝見。

!?

ここ3日ほど異常に釣っている方が数名・・・・・まさか・・・・

私「もしかして上流に入って行った方いるんですか?」

ボート屋さん「もう数人はいっているよ。みんな入れ食いみたい。」


やはり・・・・しかしまだ3・4組だけのようで、入れ食いの期待は十分に出来る。

高速で準備し、どこへもよらずに一気にトンネル南を目指す。
そしてボートを降り、水の中を膝までつかりボートを引っ張って水の少ないところを超え、上流部へ。


私「よ~し!やったるでえ~!」

さっそく、水が少ないところを超えたばかりのところで、竿を握る。
今日は余計な事をせずに釣る事に専念するため、いきなりファットイカを装着。

岩盤の立ち木が絡む場所からランガンだ!




と3投目。



クンックンッ!




いきなりのアタリ。一気にあわせきる!


ギューン!!!


朝の5時半。いきなりロッドが絞り込まれ、かなりの大型と感じる。

私「やば!立ち木にもって行かれる!!」

あまりの引きで立ち木に潜られそうになり、無理にロッドを立ててしまったその時!・・・・・・・



バキョッ!




私「おわあああ~~~」

ロッド真っ二つ。 修復不可能。 修理屋行きでございます(泣)


ロッドの駄目な使い方基本系を見事に再現してしまった非常につまらないミス。
でかかったのもあり、5分ほど放心状態に・・・・・・。


とは言えまだ始まったばかり。頭を切り替えやるしかね~。


朝一からこの無人状況の上流部に入ったのは私だけ。片っ端から打ち込みながら最上流に行くとしよう。
ファットイカからスピナーベイトなどでバシバシ打ち込んでいく。

そうそう水はこんな感じ↓
IMG_0996.jpg
IMG_0995.jpg

超濁りです。 でも人がほとんど入っていないわけですから、濁っていようがクリアだろうが関係ないでしょう(笑)










でこれもんです↓
IMG_0981.jpg
IMG_0982.jpg
IMG_0983.jpg

なんじゃこりゃ(笑)↓
IMG_0984.jpg


IMG_0985.jpg
IMG_0986.jpg
IMG_0987.jpg
IMG_0988.jpg

40UPには届かないが写真を撮ったものでも38・39辺りも。
バレもかなりあったので、もしばらさずに全部キャッチしていたら、最上流までの片道で20本は楽にいっていただろう。

まあ入れ食いと言っていいのではないでしょうか。


ただ、活性が高すぎるためノーシンカーなどでスローに落とすと先に小さいのが食ってしまう。
大型までルアーがたどり着かすため、重めのラバージグに変えてみると、そこそこサイズアップした。

こまいのでも数釣りするならノーシンカーでもいいが、大型ならやはり小さいのが食わないように一気に沈めることが必要みたい。


さて最上流到着。川が流れ込んでいるので、ここは水がクリア。
ボートが進めないところまでいき、ボートを止めここからはおかっぱりで(笑)。

早速歩くとまだ水が少ない事もあり、せき止められているような場所がある。ある意味ちょっと流れが入っている水たまりといえばいいのだろう。
そっと覗き込むと・・・・・



!?



ベイトフィッシュと共に大型のバスも数本。これは行くしかない!

かがみながらそっと近寄り、ルアーを投入。もちろんファットイカである。

4・5本のバスが沈んで行くファットイカを見ている。そしてスッと近寄り凝視。
その中の1匹がパックリと口にファットイカを含む・・・


私「おまえじゃな~い!!」
IMG_0997.jpg



なんと一番小さいバスが食ってしまい、しかもしっかりフッキングしてしまう(それでも38くらいかな)・・・・・
案の定、他のバスは一気に警戒心が高くなりその後はルアーに見向きもされなくなる。。。。


せっかくのチャンスが・・・・


場所を休めるために、そこからさらに上流へと歩いてみる。完全な渓流のようになっており、水深も足のくるぶし辺りまでしかなく、釣りどころではない。
丁度くそ暑かったので、上半身裸になり水浴びをしましたよ(笑)。すごく水が綺麗だったし。


その後またあの水溜りへ戻るが、魚がさっぱりいなくなっていた。。よく見ると少し水が増え、流れが出るところが出来ていたため、そこから湖へ出て行ったのかもしれない・・・。
水浴びしてる場合じゃねえ~って感じ(汗)


午後になり、今度は各地でフィーディングも起こり、バズベイトでも数本上げました。
IMG_0989.jpg
IMG_0990.jpg
IMG_0993.jpg

IMG_0992.jpg


そしてファットイカでももちろん

IMG_0998.jpg
IMG_0991.jpg
IMG_0994.jpg


写真はこれだけですが、釣った数はまだまだで、バラシも入れると50本くらいは針を掛けたでしょうね。
活性は高いのですが、食いが浅い場合が多く、乗らない魚も多数。
まあ私のルアーが悪いのでしょうが、ワッキーリグとかならきっちり掛けれるでしょうから、これ以上の入れ食いになったでしょうね。

とは言え、この入れ食いもここまでのような気がします。
なぜなら、私が上流から戻る時に他の方達もボートを引っ張って入って来たようで、すでにこの日6・7艇は来ていました。

今週の週末まではそこそこ釣れるでしょうが、その後は叩かれた後になるため、入れ食いはちょっと望めないでしょうね。


まあ今回わかった事は、人が叩いていなけりゃどんな状況下でも釣れると言うことですかね。
濁りやら風やらといったこと度外視で(笑)
ルアーなんてたぶんなんでも良かったと思いますしね。
アタリのとり方など、再確認でき良い釣行となりました。


釣果 バス25本以上 (ボート間際のバレなどは数えてません・笑)


ボート屋に帰る途中に「アッそういえば竿折ったんだ・・・」と思い出しました。
それだけ入れ食い状態に没頭していたのかもしれません。


■↓どこかをポチッとお願いします
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ

| 笹川湖 釣行記 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。