バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月20日 笹川湖釣行

産卵真っ只中。
ネストも数多くあり、ほとんどの方がネスト狙いを敢行している。

ブルーギルもかなり表層に上がってきており、たまにそのギルを釣っている方もチラホラ。

そんな状況だった4月20日、行ってきました笹川湖。

週末からは大潮となるため、大潮に向う少し前の本日。徐々に活性も上がってくるころ。
とは言っても、ネストや小バスを狙えばいつでも数は出るはず。
ボート屋さんの釣果ノートを見ても20や30釣っている方もいますしね。

大半が小さめのワームでのノーシンカーでの釣果。
ギルや小バスがわんさか釣れるよう。

そんな数釣り出来る方達をある意味うらやましく思いながらも、ベイトタックルオンリーの私(汗)

人は人、私は私。

今日も強めのルアーでいったるわい(笑)


朝、ボート屋前の水温は16度。昼には17度以上にはなるだろう。
先週とあまり変わらないといった感じで、今日もスローなのかな?なんと思いながら用意したのはこいつら。

・ラバージグ1/2+バイスクローポートリー
・S字形ビックベイト
・ファットイカ
・スイッシャー(トップ)
・スピナーベイト1/2(Dゾーン)
・1/2フットボールのスコーンリグ

この時期、軽いルアーで吸い込みやすい方が釣れそうだが、やる気のあるバスを狙っていこうと思います。あわよくば大きいの・・・(笑)


今回追加したスイッシャー。
確か以前のブログに書いたのですが、リップを折ったりしていじくったルアーです。
そのルアーに元々付いていたプロペラを外し、別のルアーの大きなプロペラを移植。
それによって今まで水平に浮いていたものが、お尻が水中に入り傾く形になった。

以前リップを折った状態↓
IMG_1139.jpg

今回ペラを変えた↓
IMG_1261.jpg



お尻が水中に入っているので、シュッと軽いジャークを加えると、大きくなったプロペラ(ちょっと曲げて水を受けやすくしました)がかなりの水を受けてポッパーのような水しぶきを上げてくれる。ある意味バズベイトのような・・・

さらにこの移植したプロペラはかなり余裕を持って付けたので、回転が良い。
ちょっとした水流でもチリチリ回ってくれるので、軽いシェイクだけでもあまり移動させずにアピールできた。

おおーこれはいいんじゃないかい?

と勝手に満足しながら今回使ってみることに。


まずは朝一スピナーベイトで上流方面へ向かう。
朝は見えバスも見えず、追ってくる気配もない。そんな感じにトンネル南到着。

沈んだ道路。水深は1Mほどか。
ベイトがよく溜まっているところなので、ここで投入改造スイッシャー。

着水後、小刻みにシェイクしわずかにプロペラが回る速度で引く。
(私の中ではここで魚に気付いてもらって近くに寄ってきてもらいたいと・・・)

そしてシュッとトゥウィッチ!

バシュッ!と水しぶきを上げてプロペラがジュジュッと音を出す。

私「おお~いいね~」

寄せてからリアクションで食わせる。それが理想(笑)


バコッ!



突き上げるように食った!!
トゥウィッチ後、スイッチが入ったのかかなりの勢いで食い上げてきた!!

1本目~(喜)
IMG_1250.jpg


これは嬉しい。思い通りに来すぎて顔はにやけっぱなし。


上流到着。
やや水が汚い。
前回大型の魚にラインを切られた場所などもチェックしてみるが反応はない。
ジグやファットイカも繰り出すがう~ん静かなものだ。

ここで再度スイッシャーを投入。

岸際に反応がないので、やや沖目の立ち木にキャスト。

ゆっくりとペラをチリチリ回しながら引いてきて、立ち木の横を通る瞬間にトゥウィッチ!



・・・・・



う~ん出ませんね(笑)
そう簡単にはいきませんよ。


次の立ち木。同じようにアプローチ。

今度は立ち木の横を静かに通過。ここで魚がついてきてると思って・・・・トゥウィッチ!



ガバッ!!




私「おっしゃー!」




またもや思惑通り(笑)


2本目っす
IMG_1256.jpg




このルアーは12CM。
ビックベイトの大きさに比べれば小さいが、それでも長さはそこそこある。
ノーシンカー主体のこの時期にこのプラグでレンチャンは嬉しい。
これぞルアー釣り。そんな感じがした。



田代方面へ向う。

その間にスピナーベイトを投げながら、ジグやファットイカで沈めてみるもノーバイト。
ファットイカでくるアタリもギルっぽく、スローだとまともなバスまでたどり着かないのか。

ジグやファットイカで上げれないと私にとってはかなり過酷。。。
言ってみれば私の中でこの二つがライトリグのようなものだから(汗)


別荘下。

ここまで岸際や沈めると反応が無かったので、本日釣った沖の立ち木を攻めることに。
またもやスイッシャー。プラグでそんなに釣れるとは思っていないが、ファットイカにもバイトがない今日、これに多少頼るしかない。


キャスト後立ち木群の中を通してくる。たまにトゥウィッチを加えながら水しぶきを上げ、
ベイトが逃げていますよ~的な演出を。



ボコッ!!



私「またやー!」





まじか―!
IMG_1254.jpg




やばい・・・面白すぎる・・・昨年バズベイトで2桁釣った時くらい面白い・・・。
水面を割ってくるバイト・・・・たまらん。





田代到着。


田代には真ん中に立ち木が存在する。よくそこに大型がついている事があるので、田代のど真ん中で今日の立役者スイッシャーを投入。




一番太い立ち木。

かなり距離をとってロングキャスト。

立ち木に向ってチリチリチリチリ・・・ペラが回っている。

あっそうそう。このプラグはリップを折ったので、直線引きとなっております。


立ち木を通る瞬間、バシュッ!と水しぶきを上げてみる。

それと同時に横から猛然とひったくる!!!




私「出方最高!」





41CMでした。
IMG_1252.jpg



さらに田代で巻きマクリ。




バコッ!
IMG_1255.jpg




ボコッ!
IMG_1253.jpg

惜しい40に届かず・・・



他のルアーでは釣れなかったが、今日はスイッシャー1本で何とか魚をつかめました。

これぞルアー釣り。そんな感じがした今日の笹川湖でした。


バス 6本 (30~41CM)


素直に楽しかった。



★共食い?または威嚇?
30CMくらいのバスが、自分と同じ大きさのバスを頭から食っておりました。
目いっぱい口に入っているので、たぶん取れなくなってしまったのでしょう。
網ですくって外してあげようと思ったのですが、間に合わず水中に沈んで行ってしまいました。

クリックで拡大↓
IMG_1251.jpg



■応援クリックが釣行数を増やします(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 笹川湖 釣行記 | 17:05 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月14日 笹川湖釣行

4月も半ば。週末に良い天気が続きたぶん水温も極端に上がった事だろう。
ここ最近の亀山湖の釣果などを見ても2桁釣っている方も多くなり、いよいよシーズンといったところ。

さて今日はどうだろうか・・・・。


ボート屋さんへ到着し、釣果ノートを拝見。


んんんん~。


亀山湖とは違い、いまいち数は出ていない。数名の方が数本上げてはいるが、ほぼライトリグ。強めのルアーはやはり不利のよう。

とは言え年がら年中強めの私。

ライトリグを使えば型は小さいが数は出る。しかしそれでは納得いかない私。
真冬でもベイトタックルオンリーで貫いてきたのだ!数は釣れなくてもサイズがよければそれでいいんじゃい!



さっそく出発。

朝の水温はなんと16度!!!!


おお~一気にここまで上がってきた!

もうボウズは出来ないかも・・・・・汗



やや減水状態の湖。
産卵関係であればダムサイト方面へ向い、各ワンドへ行けば死ぬほど見えバスがいる。

見えバスを釣りたい方はダムサイトより右のほうへ行くといいでしょうね。
もうこれでもか!っていうほど、バスが回遊しまくってますから。

まあそんな見えバスは苦手なので、今日は上流や田代にいく事にした。
産卵時期は上流からバスは減っていくわけですが、逆に餌を食いに上流へ上がってくるバスもいる。
やる気のあるバスは上流へ・・・ということで、個体数は少なくても釣りやすいバスを探しに・・・

今日の装備は・・・
・ラバージグ1/2+バイスチャンク
・Dゾーン1/2
・テキサス1/2(パインシュリンプ4.5)
・ファットイカ
・ビックベイト
・クランクベイト(コンバットクランク250)

6本用意しましたよ。

しかしながら水はクリーンに近く、やや潜らせるプラグは無意味っぽい。。。
クリアならトップ。そうしないと見破られてしまう・・・と勝手に思っている私。
水面波動・・ということでまずはビックベイトでガンガンチェックしてみる。

上流到着。
ここまでまったく反応なし。

ほんとに2桁釣れてる人いるのかよ・・・・と思うほど。

最上流部。
これ以上行けない場所まで来た。
たまにコイは見えるが、バスらしき姿はない。
やっぱ上流部は意味無かったか・・・・と思いながら、最上流部のゴミだまりへ静かにファットイカをキャスト。
ゴミがやや厚かったため、ゴミの上にファットイカがコロコロ・・・

あれあれ・・・と思いながらゴミのうえでチョロチョロ動かしていると・・・




バッシャー!!



ゴミの中から食い上げてきた!




私「うおーいたーーーーーー!!」



ビックリしながらも、なんとかいなしランディング。
IMG_1248.jpg

41CMありました。


この最上流部はほんといないと思ったらいたっていうことばかり。
来てよかったということで(笑)



田代方面へ一気に移動。

その途中トンネル南でサクッと1本追加


またファットイカ~~~~~




田代到着。
来る間にジグや巻物を使うもノーバイト。
ビックベイトにチェイスはあったが、食うまでにはいたらず。

私「やっぱこの時期は苦手や~~~~泣」

ライトリグ使わないと無理かな~なんて弱気になりながら、私の中で一番のライトリグファットイカを握り締める。

田代にある桟橋。

人が打たないところを打つべし。
これが私のモットー。

桟橋の下へバシバシスキップ!



パクッ!

IMG_1249.jpg

小さいがいた。



その後またもや桟橋の下から追加。
IMG_1247.jpg


しかしここまで。


う~ん・・・いまいちだ。。。。。



再度上流へ。

バスが多いダムサイト方面へ行けばいいのに、意固地になる私。
これがイケナイわけで・・・汗



笹川橋付近。

ある流れ込み付近でファットイカにバイト。
少しそこで粘ってみる。

沈めて鬼シェイク。



クク・・・・・



わずかなアタリ。そこには丁度立ち木が沈む。


再度キャストし鬼シェイク。





コツ!



私「おっまたアタリ!」



次の瞬間




ギュオーーーーーーーーーン!!!!!




竿が一気に水中まで引きこまれる!!




私「おわああああーーーーー」





ブッツリ。




ラインブレイク(汗)



私「うおおー糸切れたーーーーーーバスかーーコイかーーーどっちやねーーーん!!」

あまりの引きこみに体が付いていかなかった(汗)
バスだったのか、コイだったのか・・・・・。
引きこまれる前にコン!と食った感触はあったが・・・・。

姿が見えずに逃げられるほどストレスが溜まるものはありませんね(汗)


すっきりせずに終了。


バス 5本(30~41)


2桁釣れる方も出ているこの時期に私はこの本数が限界(笑)
まだまだ修行が足りませんわ(汗)

プラス、クリアな水質も太いライン・大きなルアーにはちとキツイ。。。。

少し濁りでも入れば・・・。


■応援クリックが釣行数を増やします(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月7日 笹川湖釣行

いよいよ4月。
産卵も近づいてきており(もう終わっている大型もいるでしょうが・・・)私的には苦しい時期へ突入する(汗)

確か昨年もこの時期は大苦戦をしており、産卵=苦手意識があるわけだ。

9日には大潮ということで、この辺りに何かしらガラッと変わるのかな?と思っていたが、釣行はその前(汗)そう上手く休みが取れないわけで。。。。

大潮前の晴天日。

いやな空気の中、出動してみた。


今月からまたボートの出船時間が変わり、ボート屋さんには5時に到着。
4日は釣れていたがその後はやや不振。そんな釣果ノートを見た上で、やはり大潮に来ればよかったかなとちょっと弱気に。。。


さっそく用意し出船は5時30分。
IMG_1244.jpg
IMG_1243.jpg




ボート屋前の水温は12度。いよいよここまで来たか。

この水温になってくると見えバスも増えてくる。しかも水はややクリアだったので、モロ見えとなっているはず。
まあそんな見えバスどうせ釣れないだろうとまずはやる気のあるバスが残っていれば・・・ということで田代へ。

まずはビックベイトで表層を探る・・・・・・が反応はない。
そう簡単にはいかないかという事で3/8バイスクローポートリーのテキサスを沈める。


とまずは1本目。
IMG_1238.jpg


水深は2Mほど。
小さいがとりあえず。


しかしその後続かないため笹川上流方面へ。

各ゴミでコイやフナが群れており、たまに叩いている。こうなるとカバーにバスは付かなくなるので、ゴミは今日はパス。(コイがいないゴミであればまだいいが・・・)

立ち木を重点的に狙うほうがいいだろうと、久々にファットイカを装着。
立ち木に絡めてフォールしまくると・・・・



ガツッと!
IMG_1236.jpg




その後別の場所でもパックリ!
IMG_1241.jpg




しかしあまり沈めないとサイズは上がらないようだ。





ダムサイトへ移動。いよいよ見えバスと格闘してやろうじゃないか!ということで。

ダムサイト対岸。各ワンド辺りを流してみると・・・・




!?


死ぬほど見えバスがいる!!

もうそれは冬にはありえないという程の数が・・・・

しかし水もクリアなためこれがまたキツイ。
ルアーが着水と同時にいい反応で逃げて行く。
静かに沈めても今度は素通り(汗)

警戒心はバリ高だ。


こんなときはこれでもか!というライトリグでしつこくじっくり攻めるのが良いのだろうが、いかんせんライトリグが無い私。。。。

なんとか強いルアーで釣れないのか?と色々試していく。


テキサスリグをバスが回遊してくる前に着水し放置。
しかし素通りをかますバス達。

ここでバスが来た瞬間にテキサスリグをジャーク!
運よくバスの口元へルアーがダートしたときに・・・・・パクッ!

私「おっ食った!」

すぐに吐き出されたが、リアクションにはさすがに反応するようだ。
ただ上手い具合に口元へルアーがいかなければ難しいようだが・・・・。


それでも何とか
IMG_1237.jpg
IMG_1242.jpg




やっとこさといった感じ。

まあ無難にライトリグを使うほうがいいと思いますね(笑)


しかしさすがに大型の見えバスはそう簡単にはいかないようなので、見えバスはパスしなんとか大型を探しに行く。


小坪井沢



どんどん奥に行くと、なんと水がやや濁り。

私「やったー少し濁ってるー」

濁りで嬉しがるのもおかしいかもしれないが、大きなルアーに太いラインの私。
クリアな水は見切られまくるので、やや濁っているほうが断然良いわけで・・・。

とは言え濁っているからといってもどうも食わせでは反応がないように思えたので、思いっきりリアクション狙いで。

ラバージク1/2にボリュームのないトレーラーで沈む速度をUPさせてみた。


まもなく・・・・・



40CMじゃー
IMG_1246.jpg



うん。とりあえず今日の状況なら納得。



釣果 6本 (25~40)


今週でコイやフナの叩きが落ち着けば、バスの反応もよくなってくると思う。
ただ浅場を狙うとこれでもか!という程マメバスに突っつかれそう。。。
ライトリグなら数釣り出来そうだが・・・たぶん強気のスタイルは変えない私(笑)



■応援クリックが釣行数を増やします(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。