バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月23日 笹川湖釣行

日曜日から大潮。
しかも天気が崩れ気味で釣りには絶好か。


今回こそは大物を!!!


そう思いながら行ってきましたいつもの所。


はい、笹川湖です(笑)


今日は日も良いということでかなり強気に攻めようかと思い、最近持っていっていなかったビックベイト達をBOXにごっそり入れてきました。


ということで今日の装備は・・・

・ラバージグ1/2+エアークラッシュクロー
・ティンバーフラッシュJr
・Sドライブ
・ビックバド
・スピナーベイト(Dゾーン)
・ペンシルベイト

基本巻物。駄目ならジグ。みたいな(笑)

ファットイカも5インチヤマセンコーも封印して、なんとかプラグだけでいけたらという願いで・・・。


5時前に出撃。



湖はエリアによってかなり水の色が変わり、濁りの場所、あおこの場所、綺麗な場所とさまざま。
そして今日は朝から強風。ザバザバでしたね。そんなことで流れも強い場所もあり、ある意味やりがいのあるような・・・ある意味わけわからないような・・・といった感じ。


まずは一気に笹川上流へ。強風の中エレキMAX移動っす。



途中のもとよしボート付近。
風のため流れと波がすごかったが、カーブしているインサイド側はやや静かな感じ。

こんな状況だし、少しでも居やすい場所にいるかも・・・と思いながら、流れの緩やかな立ち木の絡む岸際へジグを投入。


着水後、木の陰から何かが追う!!!!




ゴン!





おおおお~~~
IMG_1448.jpg






いきなり釣れた。かなりビックリした。


私「そんな感じなのかなあ~??」
と思い、流れの緩やかなインサイド側を少しの間攻めてみるが・・・・


1本目はたまたまだったらしい・・・汗



最上流到着。


朝っぱらからここまで来たが、魚の姿が見えない。
早すぎたかも・・・・

少し日が上がってからでないと、魚も完全に上まで上がってこないようなので少し下る。
(バッテリーの無駄遣いか・・・)

風が直撃していない上流部。
聳え立つ岩盤のおかげで結構穏やか。しかし水は汚い。

水が汚いとビックベイトもいまいちかな~と思いつつも、やたらめったらティンバーフラッシュを投げまくる(笑)


当然、なんも起きませんな。



やはり水が汚いし、カバー絡みを・・・と、ジグを打ち込む。



打ち込む




打ち込む




ゴン!





いましたよー
IMG_1449.jpg

40には届かないが39CM










・・・・・・



私「や、やばい。巻物でいくつもりなのにジグに頼ってる・・・・」


駄目駄目だと思い、巻物を握る。


巻物は苦しいが、やらなければ進歩しないと考え、巻物がはまるような場所探しに。
せっかく大潮だし、天気悪いし、ここで巻物使わないでいつ使うんじゃーという事で。




田代方面へ向う。


相変わらず風がビュービューで時たまやむが、また強風の繰り替えし。
さらにたまに雨も落ちてくる。


こんな荒々しい感じなので、うるさいガシャガシャ系バズジェット・バブルトルネードでガツガツ投げまくる。


たまにミスバイトがあるが、乗らずじまい。
どうも追いも食いも浅いような感じがした。



田代上流部。



水はそこそこ綺麗だがゴミが結構あり、巻物には厳しい状況。
ふと見ると小さいバスがポロポロ見え、たまにボイルも起こる。



ペンシルベイトをボイルに直撃させ、小さいのが思いっきりバイトしたが乗らずまたもや移動。







ダムサイト方面へ。



風が強いためダムサイト辺りは厳しいかな・・・と思いつつも、ついつい行ってしまう私。
無駄な時間を多く使ってしまいます(汗)






やっぱりね(汗)





海かと思うほどザバザバ。



竿を振ることもせずにUターン。








衛士橋付近。


風が直撃していない場所をビックバドで流す。
濁りもあるのでアピール込みで。



ある沈んだ立ち木の上を通すと・・・・




バコッ!!





下から突き上げてきたーーーーー
IMG_1450.jpg





やっとこさ3本目。




とは言えまったくパターンもクソもない。
なんだかよくわからない。。。。。



とりあえずここまで行った感じでは基本渋い(汗)
風が強い場所は魚も沈んでいるのかわからないがチェイスも無い。
じゃあ、風が弱い場所ならと思って行っても寄っては来るが食うまでには至らず。

なんかこうドーン!とか、ガーン!とか勢いあるバイトが全く無い感じで、大潮なのにすごく魚は静かです・・・みたいな感じ。。。

それでも時たま起こるボイルにルアーを直撃しても、そう簡単には食わずしっかりと本物とルアーを区別できているようで・・・・

さすがにプラグの巻物はそう簡単にはまらないなと・・・。


とは言え今日はなんとか巻物で!と決めたので、その後もめげずに続ける事に。









午後再度笹川最上流へ。


本湖は風で苦しいと見切り、やはり食い気のある魚は各上流へ行くだろうと思い、今日2回目の最上流。



到着すると朝とは違い魚がうろうろしている。



さてどうしよう。


ここ最近魚は多く見えるがこれがなかなか食わない。
小さいワームなら食うとかそういう問題でもなさそうなほど、見切りが早い。
食わせよりリアクションかな・・・・。


手にしたのはペンシルベイト。
まずは表層の反応を見てみるが、追うこともせずにサッと逃げてしまう。


次にバズジェット。威嚇系でてんぱってもらおうとしたが、うるさいな~と言わんばかりに避けていく・・・。


これでどうだーーーーとティンバーフラッシュをステイさせても、悠々とその下を何もないかのように通りすぎる・・・。





・・・・






まいったな~(汗)





場所を少し休めつつルアーBOXとニラメッコ。


ミノーで行ってみるか。


表層に反応が悪かったので、サスペンドミノーを選択。
リップ付だが、ボディが揺れないようにちょーデットスローに巻き、棒引きしてみる。





すると・・・・





ワラワラワラワラ・・・・




魚がわいてくるーーーーー!!!




さらに水中で止めてステイさせているとどこからとも無くでかいバスが見に来る!!





私「おっ!!これか!!」





何かを発見したかのようにサスペンドミノーを次々にキャストするが・・・・





やはり甘くない(汗)食いませんよー。
たまに突っつきますけどね。


水中でも完全に止まってしまっては、じっくり見て見切られるので、少しでも動き続けている方がいいのかなと思い、ここでフックを変更。
サスペンドミノーをちょースーパースローフローティングに。


同じように棒引きし、魚が寄ってきたら止めてスローフローティング。





パクッ!






食ったあああーーーーー
IMG_1462.jpg





食った、食いましたよーーー(喜)
しかも42CM


これが良いのか悪いのかわかりませんが、とりあえず食ったことには間違いない。
試行錯誤した甲斐があったかな??


さらに・・・・




うおーーーーーーーーーー
IMG_1463.jpg



40CMでした。



スローフローティングがはまったか??





2匹釣りラインを結び変えていると、水深50CMくらいしかないちょークリアな場所を3匹のバスが泳いでいる。どれも40前後。


私「あれはなんとかならんかなー」


同じ場所を何度も行ったり来たりしており、フィーディングする時を伺っている感じ。


ここでもミノーを投入。
魚が来るであろう場所に先に投入。


私「来た来た来た来た・・・・」



近くに来たところでスッとミノーを動かし、フローティングさせる。




私「反応しろーーーーー!!」
と心の中で叫んだが、何もないかのように横を通り過ぎる。




私「あれれ??あいつらはまた違うのか??」



水深が無いので、ここはボトムに置いといてリアクションが良いかなと考え、板オモリを張りつけシンキングタイプに。(色々やりますよ)



魚が戻ってくる前にボトムに放置する。



そして魚が・・・。


私「来た来た来た来た・・・・」



トゥイッチ!!



3匹の魚がビクッと反応する。(いきなり動いたもんだからバスも焦ったようで)

すると1匹のバスが近寄り、パクッと甘噛。


しかし完全にバスが見えている私。甘噛でも逃しませんよーーー





おりゃーーーーーー!
IMG_1460.jpg


38CMといったところ。


苦手なサイトですがなんとか。



一応プラグで釣る!と決めたわけですが、なんかこうワーム的な使い方になっているのがすっきりしませんが、まあまあとりあえず良しとして・・・。



その後、やや沈黙。
魚の姿も見失う。


しかしどこかにいるはず。



ここでバブルトルネード。
バズベイトで魚が動かないかな~と思って。



カラカラカラカラーーーー



いい音が鳴り響く。




ボコッ!!バッシャッ!!!!



なんとボイルが始まる!!

バズベイトとはやや離れている位置ではあるが、何かスイッチが入ったようだ。



すかさずミノーを直撃!!!



ボイル中のドサクサ紛れ釣法やあーーーー





ゴンッ!





食ったあーーーー(喜)
IMG_1451.jpg



こいつもサイズ的には40弱のそこそこ。




そしてボイル後、10本前後のバスが移動するのが見え追走。
ある立ち木に止まる。



そこへミノーを投入。
ある1匹のバスがほんの少し反応。



もう一度キャスト。
同じバスがミノーを見に来る。



すぐに回収して再度キャスト。
またもや同じバスが追ってくる。
ここで止めてスローフローティング!



ハグっと甘噛。





すかさずフッキング!!!





40CMやーーー
IMG_1461.jpg






ということで、時間は既に5時。
約2時間弱上流で奮闘しました(笑)



終了。



バス 8本(42・40×2)

ほとんどが40前後のバスだったので、なかなかの引きを楽しめて面白かったです。
ただなかなか口を使わないのと、ボイルが起きてもそう簡単に食わないここ最近の笹川バス。まさかミノーに助けられるとは思わなかったっす(笑)

使わないだろうと思われるルアーも持っていてよかったです(大笑)




■応援クリックが励みです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 笹川湖 釣行記 | 19:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月15日 笹川湖釣行

小潮の月曜日。
曇り空ではあるがこの釣れなさそうな潮周り。

しかし潮に合わせて休みが取れるものではないので、やっぱり行きます(笑)

何とかしてやるうーーー!!


ということで毎週恒例の笹川湖。
行きの途中に高速のSAでミソラーメン食べるのも毎週恒例(笑)

到着は4時過ぎ。微妙な小粒の雨が降っていたので、俄然やる気。


そうそう前日に私の親父からルアーを渡された。
暇つぶしに作っていたらしい。

以前作成のルアーも含めて、作ったもので釣って来い!という指令。

小潮の魚が動かない状況下でしっかりしたプラグで・・・しかも自家製で・・・
かなり過酷な指令・・・。


上のが新たに作成したルアー
IMG_1447.jpg


ねずみみたいなスイッシャー。しかも1度も泳がしていないという。
どう泳ぐかも、ペラが回るのかもわからないルアー・・・・・。
ためしに泳がせないで、色までしっかりつけて完成させてしまう親父・・・・。
ある意味ちょー適当(笑) 

後はルアーの動かし方でカバーしろ!っちゅー事らしい・・・・。




ということで準備したのはコチラ。

・ラバージグ+バイスチャンク
・自家製スイッシャー
・スピナーベイト(Dゾーン)
・ペンシルベイト
・バズベイト
・テキサスリグ(5インチヤマセンコー)


いったりますか~~~~!


まずはボート屋前で自家製のスイッシャー(ねずみっぽいの)を試しに投げる。
どう動くのかわかりませんからね~。

早速キャスト。








!?







後ろのペラがまったく回らねー(汗)


どうやら前方のほうにウエイトを入れすぎのようで、頭のほうが沈み気味。
軽くチョコチョコ引けばわずかに首を振るので、短い距離で誘いが可能だが・・・・。

う~ん。ちょっとウエイトを変えなければ後ろのペラが意味なしになっているな・・・・。

ということで、ボックスへ(笑)
改良してから次回使います。





まずは上流部へ。
朝の水温はすでに20度を越えておりいい感じ。
しかし水が悪い場所が多く今回もエリアをしっかり選ぶのが必要みたい。



上流に上がりながら各ルアーを投入するも無反応。
そう簡単にはいかなそうな嫌な空気ですな。





最上流部。ここまでアタリもなし。





これ以上ボートで行けない場所までいくとゴミがたまっており、やりずらそう。
こりゃ参ったなと思ったが、とりあえずライトテキサスを流れに乗せゴミの下へ。



水温は何度かな~なんてよそ見をしながら流れに乗せていると・・・・


私「随分流れてるな~」



糸が自分のほうに動いている。



私「あれ?」



一気に竿を振り上げる!



ガツッ!



食ってたのねーーーーー汗





ということでまずは一本目。
なかなかで41CM。
IMG_1433.jpg



ドリフトの放置(笑)
よそ見してたからちょっと慌てました。



続いて別の流れにキャスト。
着水放置。




ゴッゴッ!





2投連続~!!!
IMG_1440.jpg

ミニですけど2本目。




ゴミがかなり浮いていたので、多少は警戒心が薄いのかも。
かなり至近距離で釣っていたのですが、何てことなく食いました。

やっぱ上流部は食い気があるのが集まってくるのでしょうな。





移動。







田代方面へ。

こっちの筋はどうですかね~??


水深が無い田代の上流部ですが、ここ最近減水していることもありさらに水深がない。
ゴミも浮いておりやや汚いが、ちょークリーンよりはましかも。

あまりエレキを踏まずに進入。


ライトテキサスにしていた5インチヤマセンコーをノーシンカーにし、出来るだけ静かに落としていく。



パクッ
IMG_1445.jpg




パックリ!!!
IMG_1444.jpg




なんとレンチャン(驚)
小さめですが、1本は35UPだったのでまずまず。


完全に場を荒らしてしまったので、ダムサイト方面へ移動。




途中高速移動していたら・・・・












ガッコーーーーーーン!!!!!










水中に沈む立ち木に衝突(大汗)

私「うおー焦ったーーーーーー(冷や汗)」


ツアー82のエレキでの高速移動は笹川湖では危険。
すっかり忘れていた。


私「危ない危ない・・・落水なんかしたら釣りどころじゃないな・・・・ふう~。
・・・・・・・・・・ん?・・・んんん????・・・・・あれれ??・・・・・・  
魚探がおかしいぞ??」


水温計は表示されているが、他はまったく表示されない。




私「えええーーーもしやーーーーー!?」


慌ててエレキを上げてみる。
魚探の振動子の線を見てみると・・・・・












ブッツリ切れております(泣)







私「うわ~さっきの立ち木衝突で木に線が絡んでしまったかー・・・・」






ガックリ・・・・。


といっても同じような感じで過去に2回ほど線をぶっちぎっている私。
くだらない出費が。。。





ということで魚探死亡っす。







気を取り直して再開。


ここまで釣る事優先にしてしまったので、自家製ルアーの投入もしていない(汗)

とりあえず魚に触ったので、指令を実行に移さなければ。

ミノータイプのスイッシャーを手に、前回ペンシルベイトで魚に触ったダムサイト対岸の各岬を攻めることに。




ここ最近トップを使う時間が増えたのですが、魚が出る時というのはまずキャストが決まった時。
岸ギリギリとか、え~そこに入ったのかー!といった感じの絶妙なキャストが決まった時に魚が出る確率が高い。

逆に言えば中途半端なキャストの時はまず出ない。


そんなことで、1投・1投きっちりキャストするように心がけた。



すると・・・・




バシッ!
IMG_1435.jpg




ボコッ!
IMG_1436.jpg





なーんと!釣れました(笑)
サイズは小さいのばかりでしたが、とりあえず指令は達成(笑)

しかしトップは楽しい。ということでその後も続けてキャスト。




そう頻繁には出てこないが、投げ続けるとそれなりにバイトが。
IMG_1438.jpg
IMG_1440.jpg
IMG_1437.jpg

これは・・・40で良いかな??
IMG_1434.jpg




やはり投げ続けてなんぼですな~。





終了。



バス 10本(25~41)


今日はなかなか厳しかったようでライトリグでも苦しかったようです。
小潮が原因なのか、別の理由なのかわかりませんが食いが悪い事は確か。
結局笹川上流と田代の上流では食いましたが、他はジグもテキサスも無反応。
逆にトップを使い続けたのが吉と出たのかもしれません。(リアクション的に釣れたのもいましたしね)

とは言っても場所や時間帯でも大きく変わるので、なんともいえませんけどね~~。



後もう一つは異常なスクールが増えたこと。
20~30匹のバスが固まって岸際を移動しているのが見えました。
それも各所で。
普通それだけいれば、1匹や2匹反応してもおかしくないと考えてしまいますが、これがなかなか厄介で、かなりの天才肌(汗)まったく食わないんすよね~。。。
進行方向の先にルアーを置いておいても無反応ですし、通る瞬間にイレギュラー的に動かしてもしっかりと避けてくれます(笑)
まあそういうバスの食わせ方はあるのでしょうが、現時点の私には対応できませんね~。

スクールの行く先々でボイルも起こるのですが、ボイル直撃でも食いませんからね。
(まあルアーが大きいという事も問題なのでしょうが・・・)

そういうバスを食わせることが出来れば、今のスクールはかなりの数で固まって動いている場所もあるので(でかいのもいますし)死ぬほどパラダイスを味わえるのでしょうね。



スクールの見えバス捕獲が得意な方はぜひ。




■応援クリックが励みです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月8日 笹川湖釣行

深夜、車を走らせる。

高速道路をかっ飛ばし、笹川湖へ。

しかし途中でお腹が減りSAへ・・・・。
ミソラーメンをすすりながら、ついつい妄想にふけこんでいると・・・


結構な時間が(汗)


やばいやばいと再度かっ飛ばし、4時過ぎに到着。


来る途中に小雨が降ったりやんだりしており、空は一面曇り。
大潮の3日目。


これはいい感じではないかな??



しかし釣果ノートを見ると前日に50UPが・・・・
1日遅かったかも(汗)




早速準備開始。

今日の仕掛けは・・・
・ラバージグ3/8+バイスチャンク
・スピナーベイト(Dゾーン)
・バズベイト
・5インチヤマセンコー
・5インチスタッガー
・ダイビングフロッグ

今回の大潮で産卵組みもいるでしょうが、基本はアフター。
回復ですな回復組み。

前回来たときに釣った魚が結構引いたことで、かなり回復組みも多くなってきたような気がする。
そうとなれば活発に餌を追うでしょうから、基本巻いてみます。

後はその時の状況で・・・・。


湖はほぼ全域濁り。

急な雨で一気に濁ったわけではなく、ジワジワ濁った感じで嫌な色。
昨日大型は出ていたが数はいまいち。

もちろん小さめのノーシンカーを1日投げれば10本20本は取れる感じですが、ギルと小バスの猛攻にあうようです。

サイズを上げるなら少し違った攻めをしなければいけないような・・・そんな感じに思いながら出撃!


まずはダムサイト方面へ向いながらスピナーベイト・スタッガーで。
流しながら巻いてみるものの反応は無い。

ダムサイトまで来るとやや風が吹いており流れがある。
基本濁っているので流れは必須かも。

そんな流れがある各小ワンドの岬。立ち木が絡む場所をスタッガーで。


するとポツポツチェイスが。


やはり風は重要なのかも。




しかし食うまでに至らず。
長く追うこともしない。
濁り水のせいなのか?


でもバスは上を気にしているようなので、止められるトップでペンシルベイトを装着。
(ラトル入りっす)

これを岬+立ち木に投げ反応を見てみる。

チャッチャッチャ・・・・


小刻みにドックウォーク。う~んペンシルは引いているだけで楽しい(笑)


チャッチャッチャ・・・・



まったく出ませんがな~~。



じゃあ少しゆっくりと。


スイ~スイ~スイ~


左右に大きく泳ぐペンシル。自由度が高いのでほんと楽すい~。



バコッ!!


ゆっくりと泳がした1発目!


いきなりのバイトでペンシルが水中に消える。



おりゃー
IMG_1413.jpg




サイズはそうでもないが、やっぱりトップは面白いっすね。



さらに続ける。

岸際にもキャストしステイ。

少しおいてから・・・・・・・チャッチャとドックウォーク。



またまたバコッ!!



たまらんー(笑)
IMG_1411.jpg




濁りがあるので、止めるかゆっくり動かさないと食えないようで。
あきらめるのも早いので、しっかり食わせる間を取らないといけない感じでした。


バシャッ!!
IMG_1415.jpg





まじかー



でも反応するサイズはいまいち。表層は小さいようだ。



ちょっと戻って笹川ボート対岸。

他の方がノーシンカーで攻めていたが、釣れている様子はない。

ならば・・・ということでラバージグを手に。
ノーシンカーで釣れていないなら、しっかり沈めてみたらどうかな??ということだけです。はい。


少し風が吹いているタイミングを狙ってキャスト。
岸際に落とし水深3M~4Mまで探ってみる。



と、すぐに反応。


おっしゃー
IMG_1412.jpg




40は無いがそこそこまとも。


おやおや、サイズアップするなら底かな??


さらにキャスト。

またもや水深3M辺りで食うが乗らず。


しつこくキャスト。


ゴッゴッ!!



やっぱり底なのかーーー
IMG_1414.jpg




ノーシンカーを投げている方の横で、立て続けにラバージグでヒット。
しかもサイズはそこそこ。

今日はそんな感じ??


しかし風がやむとぱったりアタリも無くなる。






移動。



上流方面へ。




ポイント後畑。


やや減水からか、岸際のカバーは×
ここでも少し沈めてみる。



反応は少なかったがそれでも・・・・


バシッと
IMG_1419.jpg



岬周辺はペンシルで。

ボコッと
IMG_1416.jpg





上流部。

水は相変わらず悪い。最上流部で向うと綺麗になっており、バスもいる。
しかしここ最近散々叩かれているのだろうか、反応が悪すぎ(汗)


長居すると無駄と判断し、一気にダムサイト方面へ。



朝ペンシルで出した各小ワンドの岬。

再度ここでがんばってみますか。
ペンシルを握りキャスト開始。


すぐに・・・・


いいぞー
IMG_1428.jpg





ある岬。
岸際に立ち木が絡んでいる。


ホイっとキャストし、岸際ギリギリの立ち木の横に着水。
少しステイし、ワンアクション。






バッチーーーーーーン!!!!



ペンシルの真横でコイのはたきのように尻尾を水面に叩かれる!!しかも異常な音!



私「なんじゃーーーー!?コイか????」



すると一気に糸ふけが・・・・


私「うお!?食ったのか!?しかも魚がこっちに向ってる???」


慌ててリールを高速巻きするが、かなりのスピードでこちらに向ってくる!!

水面をみると・・・・



私「うおおーーーーーー50やーーーー!!!!」


40でもない、45でもない。確実に50はあるだろうという程の魚体。
しかも口元には私のペンシルが。



私「巻け巻け巻け巻けえええええーーーーー」


これ以上ないほどの高速巻きで、ようやく糸にテンションがかかった時・・・・




フッ・・・・




私「フッ??」



私「うおーーーーー魚が消えたーーーー!!」




バラシというやつです。はい(汗)


でかいやつは針の外し方を熟知しているようです。参りました。。。



がっくり肩を落としながら、笹川ボート対岸へ。

いい風が吹いており、しかも誰もいない。

ここで時間を使うかな。



5インチセンコーを投げて一通り流してみるもノーバイト。

やはりリアクション的に一気に沈んだほうがいいのかな?

ラバージグを持ち、朝のように水深3Mを中心に狙い、濃いシェードになっている場所は
直撃してみた。




すると・・・・













IMG_1431.jpg
IMG_1429.jpg
IMG_1427.jpg
IMG_1426.jpg
IMG_1425.jpg
IMG_1420.jpg

ファットイカでも1本
IMG_1432.jpg


レンチャンっす(喜)








で、本日は終了。


バス 15本(28~38)


40はまたしても出ませんでしたが、50を掛けたこと、そしてペンシルで何本も取れたことで納得。

結局ジグとペンシルというまったく別のレンジ狙いでしたが、エリアによって効果が出た・・・といった感じ。

しかし釣れないエリアはまったく駄目で、エリアの選択が肝だったような気がします。





PS・なんだか知らないが、いたるところに蜘蛛の巣が・・・・。
なんでこんなところに??といった場所でも。
顔に直撃すると非常に嫌なもんですな・・・(汗)



■応援クリックが励みです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。