バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぬおおおお~~~!!

現在深夜1時。



私「ぬおおおおおお~~~~~~~~~」


PCの画面に向って・・・・・


私「おりゃああああ~~~~~~~~~!!!」


天気図に向って・・・・・


私「右だあああ~~右に行けえええ~~~~~!!!」



と、台風の進路を急変させようと念力を唱えていましたが、なかなか変わらないもんですなあ~。
(変わるわけねえー泣)



前回の台風も確か週明け。


マンデーアングラーの私に対して台風さんは非情だ。。。。



まあ、いくら大雨でも、強風でも私の場合は気にせずに釣行にいく。
真冬の大雨の中でも1日みっちり釣りこんでから、多少の天気はなんとも思わなくなった。



ただ・・・・・・ボート屋さん休みじゃねえ~~~・・・・・。

この台風じゃ、高確率で休むはず。 うん、休むな。



ということで、久々の断念。

つっても火曜なら行けるかな?と考え中。



今回の台風で随分気温が落ちた。東京なんてちょっと寒いくらいですしね~。
ということは雨も冷たいのかな?と思うと、湖はこの台風で水温はガラッと変わりそう。
ターンぽくなるか?それともいい感じに水温が下がって活性が上がるか?

よーわからんが、明けの火曜はどちらに転ぶか・・・やりがいはありそうだ(笑)



まあ行けたら行ってみます。



さてさて前回のビックバドの記事にすごく沢山のアクセスが・・・・汗

まあ、たいした事は書いてないし、そんなことプラスにもならねーなんて方も多かったと思いますが、まあその辺りは流してもらって(笑)


でも、やれ夕食はこうだったとか、こんなお店に行ったよーとか・・・そんな記事書いても仕方ないですしね。(興味ないでしょーし)

少しでも釣りのことを書いているほうが、楽しんでいただけるかと(笑)



素人でしかもベイトタックルのみでの釣行なので、何かと色々考えて行わないとそうそう釣れませんし、色々考えているうちに”おっ!?”と思ったことを書いているだけですので、まあ軽く読んでいただく程度が丁度良いかと思います(笑)




そんな今日は、釣りも行けないのでまたちょっとしたお話を。

ここ最近の笹川湖は濁りが取れないのでまったく出来ないのですが、サイトでのお話。

ベイトタックルのみということで、基本軽いルアーは使えない。それでもなんとか無理くりサイトで釣ってやるーーーーと試行錯誤していくうちに色々と気付いた点があり、それが上手い事はまるようになってきた私の無理くりサイト(笑)

まあ魚の状態もさまざまなので、今回はとりあえず”止まっている魚”に対して私なりに結果を出している初心者攻略をお届けします(あくまでも初心者攻略です・笑)


サイトというと軽いルアーで食わせるというのが普通なのかな?と思うが、ビックバドの時にも書いたが、食わせる釣りは見せる釣りと考えている私。
いわゆる餌釣りの考え方に近いと思っている。

もちろん見せながらリアクションをつけて食わすということもあるでしょうが、基本は見せることが主になっているので、リアルなルアーや食わせやすい小さなルアーを用いるのが一般的なはず。

食わせる釣りというのは、どうしても魚が主体になるため、魚がまったく食べる気がないとなかなか食わすことは難しい。
じゃあ見せてからリアクションで・・・といっても、見せたときに見切られてしまえばそれで終了。
興味が無ければ近寄っても来ないはずだからリアクションでさえ効かないこともある。


私的にはルアー釣りは魚主体ではなく、人が主体になるような釣り方だと思っている。
なので、食わせよりも別の本能で食わせることが本来ルアー釣りの特徴かと思うわけで、最近の食わせ主体のルアー釣りはどうも自分に合わない。



まあそんな考えから、サイトでも人が主体になるような食わせ以外の本能でアタックしてもらうような感じで攻めればどうかな?なんて思ったわけです。


ただ魚の近くに投げて食うのを待つのではなく、コチラから攻めて釣るというサイト。
待ちの釣りではなく攻めの釣り。
そういう感じにいければ、別に軽いルアーとか小さいルアーでなくてもいけると考えたわけです。


ルアーを見せて釣るサイト、いわゆる食わせの釣り

ではなく、

ルアーを見せずに釣るサイト、いわゆる食わせ以外の本能で食わせる釣り。


ビックバドの記事に書いた威嚇やイライラ感を魚に持たせることをサイトでも使うようにしたわけです。





あっもう深夜2時だ。


ということで、続きはまた後日。。。。。。




■うおおお~昨日ランキングが11位にいい~!!トップ10か?トップ10に入っちゃうのかあー(笑)
↓”バス”ボタンを押すとたぶん入ります(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 日記 | 02:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私的にビックバドは・・・

こんちは(笑)

ああ~もう8月も終わる。

早い。早すぎる最近の時の進み方・・・汗

30過ぎてからのこの速さ・・・・・ちょっと焦る(汗)



まあそんなことはどうでもいいが、最近のアクセスの多さにはビックリする。
初心者の私の・・・・しかも笹川湖オンリーのちょー偏りブログ・・・・。

皆さんもちょっと変わり者ですな~(笑)


と書きつつも、いつもありがとうございます。



最近ビックバド絡みの記事が多いせいか、たまにこんなご質問が来る。

「ビックバドは持っていますが釣った事ありません。どういう感じで使えばいいですか?」



私に聞くのが間違っている(笑)
もっともっとうまい人に聞いたほうが・・・・と。

ただまあそうそう肝は教えてくれないでしょうし・・・私程度の事でいいならいつでも(笑)


ということで今日は私的ビックバドの使い方。


私は基本的に食い気が無い時や濁りがきつい時にこのようなルアーを投入するが、それはたぶん皆さんと変わるところは無いはず。

どんなルアーでもいえることですが、釣れる人と釣れない人の差って、ルアー云々じゃないと私は思う。
あのルアーだから釣れたとか、このルアーじゃ釣れないとか。
そういうことではないと。

いつもいく笹川湖で釣果ノートを見るが、色々な人が色々なルアーで釣っている。

もちろんその場所の魚の状態で投入するルアーにより多少なり差は出るが、ルアーが釣果のすべてではないはず。

もっともっと大事な事がほかにあるというのが私の考え方。

なのでルアーなんて・・・・カラーなんて・・・少し間違っていても大きな差にはならないと思う。



話を戻してっと・・・。


さてビックバド。いわゆる威嚇系ルアー。
ワームや食わせ系ルアーとはまったく別モノ。

バスを怒らせて、イライラさせて攻撃させるルアーなのだから食わせ系ルアーとは使い方は異なる。


食わせ系はある意味見せるルアー。
いかに本物と間違えさせて食わせるかが肝。
なので一旦見切られてしまえば、再度投入しても釣れることは少ないはず。


しかし威嚇系は食わせではない別の本能を刺激するもの。
なので怒らせたりイライラさせるかが肝であり、じっくり見せて食わすものではない。
ということは、いかに見せないか。これが食わせとはまるっきり逆というのが私の使い方。

見せずに怒らすまたはイライラさせる事。

なので基本巻くのは止めない。さらに同じスポットに何度もキャストする。

何度も同じスポットに投げるとスレるのでは?と思うかもしれないが、それは食わせ系のルアーで食わせようとする場合。
基本食わせは一発目が一番食わせやすく、2回3回と投げれば投げるほどルアーと見切られてしまう。(よく見せて食わせるわけですから・・・)

しかし威嚇系は怒らせることが目的なので、何度も投げてこそ効く場合が多い。1回目で出ることも多いが、2回3回と投げて出る場合もある。魚によって怒ったりイライラする時間が違うともいえますし、遠くから寄って来る時間もありますからね。

ただ何回も投げるためにルアーを見せないようにすることが必要。
要はなんだかわからない、けどすごく気になるという感じ。

ビックバドの場合は沈まないので、水面波動をものすごく出してくれる。
魚から見れば水面波動のおかげでルアーは見にくいはず。
バズベイトなんかもそうですね。

なのでただ巻きでもルアーはバスから見れば何か物体がいる程度にしかわからないはず。しかもうるさい。
それが、見切られない+なんだか気になる+イライラすると。

なので下手に止めるのはこの威嚇系ルアーを使う意図が違ってくるように私は思う。

見せて食わす食わせ系ではないので、怒りのスイッチが入っていなければ、見せることは逆にすぐに見切られることにつながる。(あの形ですしね~)

ただ見せるのではなく”食うタイミングを作る”ということで止めるのはOKだと思うが、基本ルアーをじっくり見せることはマイナスだと思うので、バドの引き波がある間のみ止めるならまだ良いかと思う。
引き波がまったくなくなるまで止めておくのは、威嚇系ルアーを使う意味が無いと考える。

なのでキャスト後の着水の時でも、波紋が出ている間止めておくのは別にかまわないと思うが、基本威嚇するためのルアーなので、私は着水後に基本はすぐ巻き始める。
(着水バイトで出ることももちろんあるが、それはビックバドじゃなくても出た魚といえるので、威嚇して釣ったというよりただのリアクションバイトと考える。なのでそういうのは”運がよかったー”程度にしか私は思っていない・笑)


もちろんすぐ近くに魚がいる場合と広い場所で魚に気付かせる場合ではまた違うが、長くじっくり止めて置くといった食わせ方をするなら威嚇系ではない別の食わせ要素のあるルアーを使った方がいいような気がする。(バドでも出ることはあるでしょうが、もっともっとリアル感があるものならもっと楽に出ると思う。)

もう一ついえばにごり水ならスロー引きで時に止めたりもする。
濁りですでにルアーを見つけづらいわけですから、無理に見せないような対応をしなくても平気かな?ということで。逆にしっかり見つけてもらうためほんの少し止めたりするわけですな。

クリアなら魚からも発見しやすいため、まずルアーを止める事は危険。
ガンガン引き波を出して巻き続けるだけ。止めると見切られやすいはず。


後はライン。
バドは浮くので基本ラインは水につけないようにしている。
ロッドを縦にして巻くわけですな。

ラインが水に付くと、その付いている部分も魚にしてみれば気になるわけで、いくらルアーが10CMでもラインが1M水についていれば1M10CMの物体が来たと感じるはず。

なので基本は巻くときにラインを水につけないが、例えば魚がいるであろうピンスポットに投げる場合は直接ルアーがバスの近くに入るのでラインは気にしない。
しかしポイントを”通す”場合は、どうしてもラインを水につけていると、魚に対してルアーよりもラインが先に接近するので魚にバレバレになってしまう。
(魚の向いている方向や、水の流れでまた違ってはくるが・・・)

という事で狙うポイントによってラインには注意することが大事かと思う。


とまあ、簡単に書けばこんな感じですかね。


食わせのルアーは一撃で。
威嚇のルアーは怒るまで(笑)

なのでいると思ったポイントには何度も投げ入れることが威嚇系の肝かと思う。
ただいかにルアーを見せないようにするか。

そうやって使うようになってからビックバドで少し釣れるようになった私です(笑)
まだまだ初心者攻略ですが・・・・・(修行だ修行。。。)


うまい人はそんなこと当たり前だと思うかもしれないが、最初は誰でも0からのスタート。
徐々に進歩していきましょー(私も含めて・笑)


PS・あくまでも初心者攻略です(大笑)


※ルアー釣りは無限大の攻め方があると思うので、俺は違うな・・・・と思った方はコメントにいただければありがたいな・・・。



■また押してくださいなーーー”バス”ってやつを(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 日記 | 14:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようやく・・・・

フックを調達に釣具屋へ。

たまたまいた友人(釣りはしない人だが)も強制的に連れて行く。




私「フックは~フックは~~~っと」

店内をウロウロ。



私「あったあった。  ついでにラインも~っと」


私「あったあった。マシンガンキャストー。」



店内に入りものの2分。買い物終了。


と思いきや・・・・・


友人「なんだこれ?変な形のものがあるよ」


私「なになに??」









!?






友人が手にしていたのはデプスのバシリスキー。


なかなか売っていないこのルアーがなぜここに???



ふと下を見ると、ダンボールに無造作に入ったルアー達。

そこには”この箱のルアーはお客様お一人お一つでお願いします”と書かれている。




レアもんかあーーーーー!!





何があるのか箱の中をごそごそ。

私「おおおーーなかなか売っていないルアーばかりやないかーーーーー」




そこにはアンモナイトシャッドも。




販売直後まったく手に入らなかったアンモナイトシャッド。
ほしいなーほしいなーと思いながらもどこにも売っていなく、すっかり私の頭から消え去っていた。

かれこれ数ヶ月。

今ようやく目の前に。


しかし以前ほどほしいとは思わなくなっているのは時間のせいか。


それでもせっかくの見つけるのが難しいルアー達。
一つだけしか買えないが、何か買っていこう。






私「う~ん・・・・・どれにすっかなー」





すぐに買い物を済ませるつもりが、このルアー選択で結構な時間に。

もちろん友人はすでに飽きている(汗)




私「あーめんどくせー。アンモナイトシャッドでいいや。せっかくPDチョッパーも持っているし。」

私「あーでも一つだけっちゅーのが・・・・・店員に土下座でもしたら3つくらい売ってくれないかなー・・・」



まあ、そんなことしても無理でしょーから、一つだけ買いました。


よく見るとこのアンモナイトシャッドは4.5インチ。

新たに販売されたサイズであった。

私的には最初の5.5インチがよかったんだが・・・・(ちょっと大きさが物足りない気が・・・・)


グリーンパンプキンをチョイス
P8280001.jpg


実物は初めてなのでまじまじと見てみる。
ボディーが結構ボテッとしてるんですなー。

素材もしっかりしてそうで、持ちは良さそう。



これで神の動きを堪能できれば・・・・・(笑)

肝はリーリングスピードかな~?


ということでそのうち投入してみようかと思います。


まあ、ビックバドの合間に(大笑)




■ランキングがなんと30位までに(汗)また↓”バス”を押してくれるとうれしいっす。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 日記 | 22:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。