バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月26日 笹川湖釣行

深夜車に荷物を詰め込む。

すると空からポツポツ雨が・・・・。

私「やったぜー雨が降ってきた!」


一路笹川湖へ向う・・・・・・・・。






5時前に到着。

本降りではないが、まずまずの雨。

釣果ノートを拝見してみると、やはり厳しい状況。
数本釣っている方も多かったが、サイズはアベレージもしくはそれ以下。

今日の雨が状況変化をもたらしてくれれば・・・・



ボート準備も済ませ、いざ出撃。

朝の水温はボート屋前で17度といったところでした。


さてこの雨。いかに攻めようか。

まずは濁りなどの状況を探るためにチョウシグチへ。





まだまだ雨も降り始めといった感じなのだろうか、チョウシグチ辺りはまったく濁っていない。
雨はまだ弱かったので、オープンエリアでも大丈夫だろう。


岬に絡む立ち木。


雨も降り、空も薄暗い。
派手なアクションもしくは音。それが必要か。


ビッグバド。今日もいきまっせ――――(笑)


雨で水面はパチャパチャ状態なので、デットスローに引いてみる。

カションカションとわずかに聞こえるペラの音。





数投目。




岬+ブレイク+立ち木。


じわっと通すと・・・・





バッコーーーーーーーーーー!!





いきなり出ましたよ!ビッグバドにーーーーーー!!




しかもまずまず引きますしーーーーーー!!




で、さくっと1本目はここ最近の釣果状態を無視する42CM。
PA260002.jpg




私「え~そんな簡単に40UPですかーーーーー」


雨に感謝っす。



その後トンネル南へ行くが、やや濁りが入っており無反応。


笹川上流へは向わずに田代へ。


雨が降ったら田代。というのが私の策。

過去何度と雨の日に良い思いをしているため、ついつい行ってしまう。


しかし・・・・すでに遅し・・・・。


最上流部からかなりのにごり水が進行中。

私「ああ~これでは今日は無理・・・・」







さて、どうするか。

雨もそこそこ本降りになり、水量も徐々に増してきた。

こうなると各沢へはにごり水が入ってくるわけで、本湖を中心に?と考えてしまいそうだったが、雨で水面はバシャバシャ。
オープンなエリアは魚が落ちているのではないかと考え、一応本湖のダムサイトを目指したが、寄り道でトンネル北の横にある沢へ。

水量が増えていたため、かなり奥まで水がある。

木に覆われているため、そんなに水面はバシャバシャしていない。
しかも暗い(汗)


ここで再度ビッグバド。色は黄色。暗いんでね。


奥まで入って行きキャスト。




カショカショカショ・・・・




私「あれ?やっぱ居ないのかな・・・・。」




と近くまでバドを引いてくると後ろから2匹のバスが追っている!!!




私「おおおおお~いるやんけーーーーー!」




すぐにバドを再キャスト。



バコッ!!!




着水バイト!!





でGET!!30台ですが。
PA260004.jpg



さらに続けてバイト!!!




またもや30台ですが。
PA270015.jpg



2本GETすると沈黙したが、この雨。やはり魚もある程度居やすい場所に固まっているようだ。


本湖を沈めて攻めるより、この雨で激変しているような場所で強い釣りをしたほうが当たればウハウハかも?


そう思いながら、ダムサイト方面へ。


途中笹川ボートさん。

よく見ると電動カートが2つほどしか出ていない。

ということはボートは2艘だけ出ているのか?


ダムサイト方面にはすずきボートからのボートはまだ行っていない。

笹川ボートからのボートも既に1艇見かけている。

さらに進むとダムサイト辺りにもう1艇発見。



ということは???



小坪井沢方面には誰も居ない!!!!!!



この雨で各沢からは濁り水が入っている。しかしまだ下まで落ちてきていないということは途中まで濁りでその境が出来ているはず。
さらにかなり雨が強くなってきているので、小坪井沢の川筋の流芯は流れがきついはず。
ならば魚は岸際に張り付いて・・・しかも濁りのため上流部の魚も濁りと共に下流に下ってきているはず・・・・。

そんなことを考えながら・・・・





エレキMAX。


寄り道せずに一気に小坪井沢へ向う。








到着。

小坪井沢入り口はまだまだ濁っていない。


その時の小坪井沢入り口
PA260007.jpg
PA260008.jpg




岸際にバドを投入しても反応は無い。

まだまだ上流か。



さらに突き進む。




そしていよいよ遠目に濁り水発見!!


最上流部からかなりの勢いで濁り水が押し寄せており、それはもうカフェオレ色。

そのカフェオレ色との境がはっきりし、こちら側はやや濁りといった程度。

さらにその境には所々、岩盤からの滴る水で綺麗なピンスポットも存在。


私「濁り水がすぐそばまで押し寄せてきている状況。バスもややテンパッているはず。
でも居るとすれば岸際のカバーしかない!!」

川幅は5~6Mといったところか。中心部は流れが強くなっているはずだし、冷たい雨水なので、魚は岸際に非難していると踏んだ私。


雨はジャンジャン降っている。
水面はかなり激しくなってきているので、とりあえずラバージグをカバーに滑り込ませる
・・・・・




が、ノーバイト。





もっと派手に目立つものでないと駄目かと判断し、セットしたのはビッグバドとダイビングフロッグ。
雨のためか下よりも上を見ていると感じたので、基本トップ。


さらにこの時点で南風が吹いたのだろうか、ややぬるい風が・・・・。











よっしゃーいっけーーーー!!


岸際にバド、濃いカバーにはフロッグ。
次々に放り込んでいく。




さてそんな戦略の結果は・・・・・・・・





















大当たり(笑)



次々と飛び出てくるバス達!!
ほとんどが35以上で40UPもバカバカアタック!!


出っぷりの41CM
PA260003.jpg
40CM
PA260005.jpg
40CM
PA260006.jpg
ダイビングフロッグーーー
PA260011.jpg

バド
PA260010.jpg
バド
PA260009.jpg
フロッグ
PA270014.jpg
フロッグ
PA260012.jpg



ただ雨で水面が見にくいためか、もしくはそれほど食い気は無いのかわからなかったが、ミスバイトが多発。
まあフロッグなどを使っていたこともあるのでしょうが。

しかしそんなミスバイトも悔やむ間もなくすぐにバイト!!

バラシなども含めても1時間そこそこで2つのルアーで15バイト以上は出た。

笹川湖でしかもハードルアーでここまでのラッシュは記憶に無い。

まさにピンスポット、まさにタイミング。

一時的に笑いが止まらなかった。



そして濁り水の境。ほんのわずかに雨水で綺麗な水になっている場所。

ビッグバドを投入。綺麗な水にブッシュがかかっていたその中から、背びれを出してビッグバドに襲いかかるバス!!!!!



私「うおっ!!50UP!!」



大きな口を開け、ビッグバドをガップリ!!



渾身のフッキング!!




しかし勢いよく飛び出してきた50UPのパワーを抑えきれず、一気に立ち木へ突入される!!




私「ま、まずい!!(汗)」




何とかこらえてみたものの、既に遅し。。。。。



クルクル巻かれて、ついでにバドも外されてました・・・・・(泣)




私「ああ~~~50があ~~・・・・・・」




思いっきり突っ込まれるとやはりきついですな。しかも回りは立ち木だらけだし・・・・。


巻いてくる角度をもう少し変えていればと悔やんだが、まあ結果論仕方ないですな・・・。



そんなこともありながら、バド・フロッグで楽しんだ私。


バイトの数のわりにはGETできた数は少ないが、それでもハードルアーのみでのストロングな釣りオンリーだったので、それはもう楽しかったわけです(笑)

ラバージグやファットイカではまったくの無反応。

でもハードなトップにしたら一変、激バイト(笑)


ライトリグ王国のこの湖ですが、状況やタイミングがかち合えば、ハードルアーの方が釣れることもまだまだ起きるようですね。



釣果 バス 12本(42・41・40×2、他すべて30台) 

40UP4本でしたが、そのほかも35以上ばかりだったので楽しめました。
これで50も上げていればエリア選択・タイミングも含め自分では100点満点だったのだが・・・・。(一応針は掛けたので80点で・笑)
まあそれでもここ最近の釣果状況と比べればかなりおいしい思いをした日となりました。


PS・はまれば強力ハードルアー(笑)






■ハードルアーでがんばってみたので、クリックお願いしますーーーー(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 笹川湖 釣行記 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだシャローで。

雨・雨・降れ・降れ母さんがぁぁぁ~~~~~・・・・










(汗)




と、ということで、この週末雨模様となった関東地方。

この時期の雨は寒いし、釣り人もかなり少なかったのでは??と思っていた私。

明日も雨。




ムフフフフフ・・・・・・




秋の雨は冷たく活性を下げるとも言うが、何もないダラダラとした天気よりは状況が変わるほうが良いと思っている私。

確か昨年秋に何度も雨に遭遇したが、降ったときのほうが良かったような気がしますし。


ここ最近、亀山も笹川も渋さ満点のようですが、この雨が何か変えてくれていそうな気がする。


ディープかシャローか。


前回の釣行ではディープのリアクションが効いた感がありますが、実はディープで釣れるバスはアベレージのガリガリ君ばかりであった。

餌を食えていないバスがディープに多く、秋の荒食いはこれからかな?なんて思ったほど。




まだまだシャローに小バスはいますし、全部が全部沈んでいるわけではない。

でもシャローのバスは警戒心が高く、なかなか食わせで簡単に釣れるともいえない・・・。

実際、多くの方がスモラバやノーシンカーでシャロー狙いをし撃沈していましたからね。


そんなシャローのバスですが、唯一私的に効いたと思ったのが、リアクション。
まあ、単純に警戒心が高いのでそうなるわけですが、リアクションといっても出来るだけ見切られないようにすることが必要なように感じた。





そこで私はクランクベイトを使用。しかも高速巻き。

ルアーを回収しているの?位の高速巻き。

これで何とかポロポロと拾っていったんですな(笑)

シャローで釣れるバスはディープのバスの比べてまだコンディションはいいし、サイズもそこそこ。


多少なり固まっているディープのガリガリアベレージをじっくり狙うか、ランガンで巻物を巻き続け一発良いサイズを狙うか・・・・


それは貴方次第・・・・(笑)
(まあ私は迷わずシャローっすね)



そんな両極端に感じた前回でしたが、秋が深まるとバスも固まりだしベイトについてくる。
しかしそんなスクールバスはアベレージが多く、なかなかビックバスが混じっている事が少ないようで。

やはりスーパーな魚は単体で動いており、この時期ドシャローに顔を出してくる事が多いという・・・・。


昨年や一昨年なんかもドシャローのトップで50UPが釣れていたことなどを考えると・・・・わざわざディープに落としてアベレージを相手する時間がもったいない・・・なんて思ったりもするわけで。私的には。(笑)

ただの趣味釣行ですしね。(大会とかじゃないし)



そんなドシャロービックバスですが、やはりこの時期警戒心は高いようなので、やはり食わせで狙うよりも本能で口を使わせることが大切なようですな。

シャロークランク・スピナベの高速巻きや威嚇系プラグ・・・

そんな感じ??


まあ私の場合は絶大な信頼を寄せる、ビッグバドでいったりますが(笑)


春の次に、この時期から冬までの間がビックバスを捕獲できるチャンスと言われているので、まだまだバドと心中していこうと思います(大笑)



今年あと1本50を釣りたいな~・・・・。





そういえば・・・最近まともに使ってないな~ビッグベイト
PA240001.jpg


そろそろ再始動するか・・・



PS・私が行く笹川湖のすずきボートさん。ふと数えてみると、今年これまでの50UP水揚げは16本
冬の間は除いてもハイシーズンなら週末は土日で100名以上、平日でも1日10~15名程度釣り人が来ていたことを考えると月に軽く1000名以上は一つのボート屋さんに来ていた。
(ざっと考えると10月までで5000名以上にはなるのかな??)

のに・・・・

50UP16本とは・・・・・大汗

いかに関東のメジャーレイクがきついかがわかりますな・・・・。

恐ろしやぁ~~~。。。。




■応援クリックが励みです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 日記 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月20日 笹川湖釣行

久しぶりの更新(汗)

10月に入ってから渋い状況が続いている笹川湖ですが、ここ最近はさらに悪化している様子。

それでも日によって活性が高い日がポツリとあり、そんな日に釣行へ出かけた方はそこそこ数は釣っていたようですが、それでもサイズはミニばかり・・・。

昨年も確か10月辺りはきつかったような感じだったが、今年はやけにそれが長く続いている・・・そんな気が・・・。

いつになったらグンと活性が上がるのかな??


そんな感じなので、記事は軽めに・・・。


釣行当日は雨も降らずに良い気候。

朝の水温はボート屋前で18度ほど。

水は相変わらず悪く、濁りもしっかり入っていた。


朝のうちはビッグバドやクランクを主体にシャローを回ってみるものの、まったくといっていいほど魚ッ気がない。

コイはたまにいるけども、ベイトも見えない状態。

本湖周りは完全に沈んでいるような・・・。



各上流部。

笹川上流はたまにシャローに見えバスが。
しかし警戒心は高く、じっと見ていても動きがいまいちダラダラしており、活性の低さが伺える。

ルアーを投入しても微動だにしない・・・そんな感じの魚が多かったような・・・。


食わせのルアーにはほぼ反応なしといった様子だったので、クランクのごり押し。

上流部にて2本ほど30台をGETする。



田代方面。


昼前川筋に入っていくと多数の見えバス。

40程度のバスを発見し、サイトで捕獲。

しかし他にも数本見つけたが、警戒心は高くすぐに見失い・・・・。


時間を変えて入りなおそうと、田代の広い場所へ。


クランクをこれでもかと引きマクリ、またもや30前後。

水深2~3M辺りではまったく食わせが効かないため、完全な拾い釣り。



ここまで反応が無いならもっともっと深いのだろうな~。

田代岩盤側。水深7Mほど。

軽めのジグを遠投し、たまにシャクリながら沈めていくと・・・・



ゴン!



と上がってきたのは30半ばのガリガリ君。


随分深いところにいたなと思ったがその後は続かず・・・・。



夕方、再度田代の川筋。


昼まではバスが見えていたが、この時間になりまったく魚がいなくなっていた。
ベイトもまったく見えず、すっかりもぬけの殻・・・・。



で終了。




撃沈っす(汗)



バス 5本(40ほか30台)



半分以上の方が坊主だったようで、まだ5本も触れれば良いほうか。

しかしなんとなく思ったことは、サイズが小さいバスであまり餌を食えていないようなバスは深いところに多く、シャローはそれなりのバスがいるが足が速く、タイミングがずれるとまったくいなくなっている・・・といった感じ。

下手に回らずに決めた場所で少し粘るくらいの方が良いかも。


片づけを終え、ボート屋さんで一服。

ほぼ毎週釣行している私なので、少し通っている方とはほとんど顔見知り(笑)

そんな今日も私では足元にも及ばないような上手い方々が3名ほどいらっしゃっていた。

その方々も苦しんでいたようで、何とか深いところで数本釣ったとの事。

それでもやはり釣ってきますな~。

その中のお一人。

なんと!2桁釣果!

しかもバラシもかなりあったようで、軽めに入れ食ったとか。




なんでや~~~~~!!


といろいろお話を聞いてみる。

フムフム・・・ホホーーー・・・・


基本はディープなのだが、場所的には近くにフィーディング場所があるところ。
そのフィーディング場にベイトの姿も見えなくなったら、その近くにあるディープを狙ったとの事。
しかし私もその場所にはジグなどを落としていたが反応は無かった。

どうやら早い釣りには反応しきれなかったようで、スローに沈めてからリアクションが効いたという。

ほんの少しの違いで片や無反応、片や軽めに入れ食い(汗)

ルアーフィッシングの難しさを痛感しましたね。




私よりも釣り歴が長い方々の生の声を聞くとほんと勉強になりますな。
雑誌やDVDではなく生の声。その日その日で状況は変わりますからね~。

なかなか他人とお話しすることが出来ない方が多いでしょうが、やはり現地でその日に釣ってきた方のお話が一番の知識になりますから、思い切って声をかけてみると良いかと思います。

今回私は軽めにぼげた感はありましたが、上手い人たちの話を聞けたので実のある釣行になりました。


修行の日々は続く・・・・。



PS・ただ一つ、40を釣ったのは私だけでした。サイズを狙うならやはりシャローかな?でもリスクは大きい・・・・。



■応援クリックが励みです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 14:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。