バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジョイクロ

台風ですな。

今晩関東地方に上陸?みたいだから、明日はもしかしたらモンスター出現!!といった釣果がどこかから聞こえそうな・・・そんな気がする今日この頃。

月曜釣行が多い私は台風が過ぎ去ってしまってからということになるわけで、あんま意味が無い・・・(ノД`)




と思っていたところ、何気に仕事がパンパンでたぶん来週は出撃不可能・・・そんな感じなので、台風後の湖の状況はどうなるのかを見守りたいと思います(´▽`)




さて10月もほぼ終わり。


ある大雨を境に厳しい厳しいと言われていた笹川湖ですが、終わってみれば私的にはなかなか良い釣果が得られました。


厳しい時こそ、何かがはまれば爆発力がある。


いつもそう思っているわけですが、爆発力とまではいかないもののまずまずハマッタ感がありました。




ま、ほとんどジグの釣果ですが(´▽`) ジグ好きね~


1/2ジグにビッグダディ。



ピューッと投げてヒューッと沈めれば・・・・・・ゴンッ!!!!



そんな感じで(笑)






そんなジグともう一つがんばって投げていたのがジョイクロ。

もう最近は必ずセットしているルアー。

投げれば投げるほどこのルアーの強力さが身にしみてわかってきました。(このルアーホントすごいっす。)



PA300001.jpg


なんか増えてきた・・・・




ジョイクロというと15SSとか25SSとかありますが、ご存知の通り表示の水温によってスローシンキングになるということで、15SSなら水温15度で、25SSなら25度でということだそうです。

ただこれ、その水温にあわせて忠実に作られているわけではなく、完成したものにわずかなバラつきがあり、それを同じといって売るのは良くないとのことで、完成してから分けているようで。


なので、ある意味親切、ある意味バラつきありすぎ・・・



それだけ絶妙なセッティングということなので、これは仕方ないことだろうと思いますね。


ただそういうことなので、同じ色で15SS・20SS・25SSとそろえるのはどうかと・・・・。
(水温変われば沈みやすい、浮いてしまうということですし)



そんな私が持っている178はすべてフローティング。

ハナッから浮いてしまいますよーーーというほうが、わかりやすい。


15SSであれば15度でスローシンキングですから、20度なら浮いてしまう可能性がありますし、25SSなら15度ならシンキングのスピードが速くなる。

そうなると水温に左右されて面倒なので、ノーマルは浮きます!といったほうがやりやすい。




で、必要なのは板オモリ。
PA300003.jpg



こいつを使えばシンキングは当たり前ですが、サスペンド仕様にも出来るわけですから、絶対に必需品。


上記のオモリは買ってきたら8等分。私はね。





これから水温が低くなるのでまた浮力も変わるでしょうが、水温20度くらいで使っていた時は・・・・



1枚でサスペンド(まずは腹側にペタリです。)
PA300004.jpg


1.5枚で激スローシンキング
PA300005.jpg


2枚でスローシンキング
PA300006.jpg



後、もっと潜らせたいならテンコ盛りに(/・・)/




サイトやシャローで沈めてステイなら

頭側に2枚~3枚。

これで前が重くなるので、バヒューンと飛ばしても下に下に行こうとするので、変に浮き上がらなくて良いです。




基本的にはそんな枚数で・・・


水温が変わったり、水質(濁り等)でまた浮力が若干変わるので、結局現地に行ってから調整ということになりますが、基本的な自分の基準があれば楽ですからね。




後は、色。


例えばチャート系は他に比べて浮力が強いですね。
色の影響なのか、それとも色の塗った厚さなのかわかりませんが、チャート系にはさらに0.5枚プラスするようにしています。



オモリをいちいち張るの面倒だから、スローシンキング買えばいいや・・・と思いそうですが、浮くことやサスペンドさせられるのは大きなアドバンテージ。

スポーンの時期に浮かしてほっとく、またはサスペンドでそこに居させることが強力になったりするようですから
、満遍なく使いこなすならフローティングがやっぱり良いのでは?と思います。



最近はサスペンドタイプにして良く使っていますが、ビッグベイトが中層でサスペンドして止まっているなんて、バスはあまり見たこと無いんじゃないか?なんて思いましてね。


ある時そのサスペンドタイプにしたものを投げて、チェイスがあった時に止めてみたのですが、前後左右・下からと6匹ほどのバスにジョイクロが囲まれたこともありました(笑)




なんかでかい物が水中で止まってますけど・・・




バスはそんな風に感じたのかも(´▽`)



んで、トゥイッチしたらさすがに沢山のバスの囲まれていたため、簡単にスイッチ入って釣れたんですけどね。






ビッグベイトの中でも応用範囲が非常に広いジョイクロなので、まだまだ使い続けなければわからない部分が多すぎますが、じっくり使っていこうと思います。




めざせジョイクロマスター!  (10年くらいかかるな・・・)




■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 日記 | 11:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月25日 笹川湖釣行

ディープかシャローか・・・。

一応どちらもいけるようにと用意して行って来ました笹川湖。

途中小雨が降っており、現地についても雨が降っていたようで地面は濡れていた。

ボート屋さんに入り、釣果ノートを拝見。




あれま・・・釣れてませんがな・・・(・・;)

ジグヘッド・ダウンショットの釣果が多く、本数は2~3本が多いといった感じ。

常連さんで10本前後釣っている方もいたが、サイズはアベレージまで。

きつそうです。




今日の装備
・ラバージグ+ビッグダディ
・ジョインテッドクロー
・カイテン
・スコーン
・ビッグバド
・ファットイカ

カイテンとスコーンでやや深目を。
後はいつもの通りです。



それではレッツゴー(/・・)/



朝の水温は17度台。


水は満水以上あり、どうやら深夜に結構雨が降ったらしい。


ならば各沢に流れもあるだろうと、まずは田代へ向かってみる。





田代。

先週に比べると水の色は多少良くなっている。

ジョイクロで流しながら川筋へ。

途中まだまだ溜まっていたゴミをかき分け奥の奥へ。



深夜の雨がやや冷たかったのか上流部に入ると水温は15度台まで落ちた。

しかしポロポロアベレージを発見。

ジグやファットイカで食わせるもかなりのショートバイトで、なかなかフッキングまで持ち込めなかったが、さっくりと数本GET。


水が良いところには付いているようだ。







ということで、今度は別の衛士の沢へ。


中ほどにある流れ込みに向かい手にしたのはフロッグ。


流れに乗せて連続トゥイッチをかますと・・・・



バコッ!!!!



っとミスバイト(汗)



さらにトゥイッチでまたバイト!!!



が、またもや食いミス(大汗)



3度目のトゥイッチ!!



でようやくフロッグを持っていかれるもあわせたらすっぽ抜け(T▽T)




しっかり食わんかい!!!





まあ、バスが小さかったこともあるが。。。。


その後、各流れ込みにフロッグを投入すると適度にバイト!!


4・5バイトはあったのだが、結局全部乗らずじまい。。。。


良い水が流れ込んでいる場所ではあるが、朝の時点では小バスばかりのようで、しかもショートバイトばっか。



大きいのはちょっと違うようなので、反応があるのは良いのだが移動。









トンネル南。



ジョイクロで表層付近をチェックするもまったくのノーチェイス。


水深4・5M辺りを狙ってカイテン・スコーンを投げてもまったく反応は無い。


沈み道路にアベレージが数本浮いていたのが見えたので、バスはいるのだがどうも反応が鈍い。


すぐに見切って上流へ。






後畑。



シャローカバーにはラバージグ、沖へはカイテンとスコーン。


結構じっくり行うもここでも反応はなし。



朝のことも考えると流れが入っている場所に絞ったほうがいいのかな?と思いながら進む。









神社下。


ゴミへラバージグ


するとポロッとアベレージ。


今日もゴミにはいますね~と、少し打ち続けるも続かず。




う~ん。。。。










笹川橋付近



ルアーを投げずにシャローを見渡すと、数本バスの姿。


シャローにしっかりいますな~。


別に沈めなくても今日はいいんじゃねーか??  と。



ただ非常に警戒心が高く、ほんの少しボートポジションが近いとすぐに逃げてしまう。


でもタイミングや時間が合えば食いそうなので、無理に追い回さずに最上流へ。







最上流手前。


ここも先週よりも水は回復傾向。


雨のおかげで気持ち流れもある感じで、笹川橋付近からシャローに魚ッ気があったこともあり、少し気を使って攻めてみる。


最上流手前のもう一本の沢の入り口付近。


沈みオダを狙う。



ビッグダディを付けたジグをそのオダへ直撃。


底に沈んで少しステイ。






ググッ・・・





ん?魚か??




と大きくあわせると木。




あれ?今の魚じゃなかったか??抜けたのか?




半信半疑だったが、すぐにルアーを投入せずに、一旦最上流部へ。




ここでもルアーを投げずに岸際を見ながら進むと、うっすらとバスの姿数本。



流れがあって、そこそこ水が良い場所は全然シャローでいけそう。



朝の時点から考えても結局はそんな感じだったで、無理して沈めなくてもいいのでは?とここからはディープのことは考えずにガッツリシャローでいくことに決めた。



決めてかかれば余計なことは考えなくて良い。思い切っていきましょ(・0・)/









手にしたのはジョイクロ。


果敢に投げていくと数本チェイス!!!


さらに投げ続けていくと・・・





ゴン!!!




食ったしーーーーーーv(゚∀゚)v





で、これもんです。ガップリです。
PA250003.jpg



44cm。



続けて45クラスの見えバス発見。


が、見えるバスはさすがに警戒心が高く、2回ほど口を使わせたがフッキングせず。


私のルアーではちょっときついか・・・。


ならば、流れがある場所でも少しカバーに隠れているようなバスを・・・


と付近のカバーを狙うとポロポロと。


カバーについているバスのほうが口を使いやすいみたいですな。







調子が出てきたぞぉ~( ̄∀ ̄)






下って先ほど木に化けた?沈みオダ。


そっと近寄り再度ジグ投入。



と、フォール中に・・・




クンクン!!



やっぱ魚いたよーーーーー!!



と、思いっきりフッキング!!!


木に巻かれないようにヘビーロッドで一気に引きずりだす!!




おお~~~なかなかのサイズぅぅぅ~~~

PA250005.jpg



で46cm。良いプロポーション。

PA250006.jpg








さらに下って笹川橋付近。



少し風も出てきて、岸際に当たっている。


その風が当たっているゴミだまり。


フリップでジグを丁寧に投入、投入。





ゴン!!!



また来た―――(/・・)/

PA250009.jpg


が、41cm



サイズが下がりましたよ。


やっぱ上か?



と再度最上流部へ。









上りながらふと、ゴチャ付いたカバーに目をやると・・・






50UPやーーーー!!



が、バスはすでに私の存在に気づいており・・・・



プイッと消えていった・・・・汗



なんとなくその周辺にルアーを投入するも・・・・



駄目でした(ノД`)






そんなこんなで終了。







ほか、釣れたバス君です。

PA250004.jpg
PA250002.jpg
PA250001.jpg
PA250010.jpg
PA250008.jpg
PA250007.jpg
PA260015.jpg
PA260016.jpg





釣果 11本(46・44・41)



シャローだけでもバイトなら20くらいは取れました。

結局、最上流部、各沢など流れが入る場所が良かったです。
ただカバー外で浮いているバスは小さく、少しでも沈めたり流れが当たるカバーに入っているバスは比較的サイズは良かった印象。


ほんの少しの違いでサイズが変わる・・・そんな感じでした。


上流部や沢ではない場所で行っていた人達はやはり苦しかったようで、強気のルアーでも場所とタイミングさえ合えば結構美味しい思いが出来た・・・そんな日でした。






PS・次の日もレンチャンで行ってみましたが、やはり上流や沢が良かったです。
小坪井沢の最上流部には40UP数本いましたし、笹川上流部でも45UPなどを発見。
食いミスやショートバイト、バラシなどでなかなかうまいこといきませんでしたが、宮の下横の沢の最奥ゴミだまり(水深30cmくらいのとこ)で46cm。ほか6本。(バイトは15くらいありました。)

46cm
PA260014.jpg



体感的に寒くはなってきましたが、結局まだまだシャローにバスは沢山いる印象でした。






■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 笹川湖 釣行記 | 05:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深いとこも・・・

最近、釣行記事ばかりなのでたまには釣行準備記事を(・∀・)
(まあ、釣りブログなので釣行記事だけでいいんですがね。)


ここ2週ほどジグに頼りっぱなしの私。

しかし前回の釣行で、やや無理くりに行いすぎてホゲタ感。




魚に合わせないといけません。釣りですから。



強気のスタイルを崩すつもりはないが、魚の状態を無視して行うのは強気とはいえない。
(魚の状態がわからないで釣りするほど進歩しないものはありませんからね。)


なので今の状態を受け止めてしっかりと深いところも視野に入れて挑もうかと思っております。




今現在、非常に釣果がきつい笹川湖。亀山もそうみたい。
(もしかしたら変わっているかもしれませんが。)




昨年もその前もこの時期のある期間に同じようにクソ渋い日が続いたことがありました。





丁度この時期。そう丁度・・・・。




まあ私が思うに、ある日の大雨がやはり影響し、さらに朝夕の気温低下等でいわゆるターンっぽい状態が起きたというのが一番ではないかと思われます。


一気に釣果が減ったのは2週間前・・・そう私が50UPを釣った辺り。

あの時の大雨からどうも調子が悪いようで、その時から水質に変化が起きたと思われます。
(ま、あくまでもへっぽこな私が思うに・・・です。)


そうなると当たり前ですが魚は水のいい深場に落ちるわけで、いくらがんばって表層を騒がしても、わずかに残っているバスが反応するだけ。

もちろんシャローに居続けるバスもいるわけですが、数は減ったこと、沢山の人がシャローや岸を打つことなどから、警戒心はバリバリ。

数少ないバスの取り合いになるわけですから、当たり前のこと。

=釣りづらい(汗)




その他の落ちたバスは深いところでガッツリとベイトを追い回しているはずですが、そのスピードは速く、うまくタイミングが合わないとすっかりいなくなっているという感じで、いかに手早く深いところを探れるかがキーになるわけで・・・。


ただこの状態、もう少し立てば落ち着いてきて、表層の水も変わります。
すると今まで表層の水質を嫌っていたベイトも上がってきて、急にシャローで爆発なんてことが起きるわけです。


確か昨年も11月にはいってからシャローでボイルしまくりの光景が良く見られました。


釣れないからもう冬か?なんて思ってしまいそうですが、一時的なもので、そのうち回復すれば再度盛り上がってくる・・・そんな感じですね。
(今は我慢です。。。)


ターンにならないように浄化装置などがある湖であれば、今は秋爆のシーズンなのでしょうが・・・・。


ということで、今度行くときはどんな状況になっているかわかりませんが、深いところも視野に入れないとならないということで、これまでほとんど使っていなかったヤツを投入しようかと思っております。




そのヤツとは・・・・







お前は・・・
PA230001.jpg








カイテン(/・・)/
PA230002.jpg



深いところでも一定層を引き続けられるビッグベイト。ペラが回るだけの直進タイプ。

この時期のベイトを追いかけているバスには余計な動きはない直進性が効くなんて、どっかで聞いたことがあるので、それならば!と。



ただ立ち木の楽園笹川湖。

沈めて1投で無くす確率は他の湖の比ではないため・・・・



背張り仕様。
PA230003.jpg



それでもビクビクしながら投げるのでしょうな(´▽`)



直進してくるので、立ち木の場所を把握してうまく通せれば・・・と思います。
(ホントはジョイクロ沈めたいが、S字に動かれると確実にロストしそうなので。輪ゴムチューンでI字引きにしてもいいのですが。。。)


まあ、ベイトが通るようなあまり立ち木が無いところを狙えば問題なしか・・・。



頼むぜカイテン(/・・)/
PA230004.jpg







それと使わなくなったバズベイトを壊して・・・

フロップジグ風。
PA230005.jpg



ビッグベイトのカイテンで駄目ならサイズを落としてこいつでも・・・。


底まで沈めてからデットスロー引きに・・・・



でもこの2つ・・・次の釣行でいなくなってしまいそうだが・・・・。(即効根がかりしそう・・・)




最後にちょーひさびさ。


アンモナイトシャッドとPDチョッパー。
PA230006.jpg


パッケージから出してもいなかった状態で家にありました(笑)


少し沈めるなら持っていくか!ちゅーことだけです。


ある時期少しだけ使いましたが、神の動きが効かない時期だったのでしょう。
(魚のさの字も引っ張ってきてくれませんでした・笑)


今なら効きそうな・・・・そんな気がします。
(ま、なんでも沢山投げなきゃわかりませんからね。)






ここ最近は3m以上沈めるような釣りをほぼしていなかったので、深いところはもう訳がわからん(?▽?)といった感じですが、今の水の状態から少し深いところもやらねばならないと思い、用意してみたわけでございます。


またシャローが回復してきたらガッツリ浅いとこをやるので、ある意味こんな時しか沈める気にならないといったほうが正解かも(笑)



狙いは4~6m辺り・・・・・       かな??








PS・でも雨が降ったらまったく投げるもの変わるかも(笑)


 そんな月曜日は天気予報〔雨〕(大笑)






■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

| 日記 | 13:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。