FC2ブログ

バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深いとこも・・・

最近、釣行記事ばかりなのでたまには釣行準備記事を(・∀・)
(まあ、釣りブログなので釣行記事だけでいいんですがね。)


ここ2週ほどジグに頼りっぱなしの私。

しかし前回の釣行で、やや無理くりに行いすぎてホゲタ感。




魚に合わせないといけません。釣りですから。



強気のスタイルを崩すつもりはないが、魚の状態を無視して行うのは強気とはいえない。
(魚の状態がわからないで釣りするほど進歩しないものはありませんからね。)


なので今の状態を受け止めてしっかりと深いところも視野に入れて挑もうかと思っております。




今現在、非常に釣果がきつい笹川湖。亀山もそうみたい。
(もしかしたら変わっているかもしれませんが。)




昨年もその前もこの時期のある期間に同じようにクソ渋い日が続いたことがありました。





丁度この時期。そう丁度・・・・。




まあ私が思うに、ある日の大雨がやはり影響し、さらに朝夕の気温低下等でいわゆるターンっぽい状態が起きたというのが一番ではないかと思われます。


一気に釣果が減ったのは2週間前・・・そう私が50UPを釣った辺り。

あの時の大雨からどうも調子が悪いようで、その時から水質に変化が起きたと思われます。
(ま、あくまでもへっぽこな私が思うに・・・です。)


そうなると当たり前ですが魚は水のいい深場に落ちるわけで、いくらがんばって表層を騒がしても、わずかに残っているバスが反応するだけ。

もちろんシャローに居続けるバスもいるわけですが、数は減ったこと、沢山の人がシャローや岸を打つことなどから、警戒心はバリバリ。

数少ないバスの取り合いになるわけですから、当たり前のこと。

=釣りづらい(汗)




その他の落ちたバスは深いところでガッツリとベイトを追い回しているはずですが、そのスピードは速く、うまくタイミングが合わないとすっかりいなくなっているという感じで、いかに手早く深いところを探れるかがキーになるわけで・・・。


ただこの状態、もう少し立てば落ち着いてきて、表層の水も変わります。
すると今まで表層の水質を嫌っていたベイトも上がってきて、急にシャローで爆発なんてことが起きるわけです。


確か昨年も11月にはいってからシャローでボイルしまくりの光景が良く見られました。


釣れないからもう冬か?なんて思ってしまいそうですが、一時的なもので、そのうち回復すれば再度盛り上がってくる・・・そんな感じですね。
(今は我慢です。。。)


ターンにならないように浄化装置などがある湖であれば、今は秋爆のシーズンなのでしょうが・・・・。


ということで、今度行くときはどんな状況になっているかわかりませんが、深いところも視野に入れないとならないということで、これまでほとんど使っていなかったヤツを投入しようかと思っております。




そのヤツとは・・・・







お前は・・・
PA230001.jpg








カイテン(/・・)/
PA230002.jpg



深いところでも一定層を引き続けられるビッグベイト。ペラが回るだけの直進タイプ。

この時期のベイトを追いかけているバスには余計な動きはない直進性が効くなんて、どっかで聞いたことがあるので、それならば!と。



ただ立ち木の楽園笹川湖。

沈めて1投で無くす確率は他の湖の比ではないため・・・・



背張り仕様。
PA230003.jpg



それでもビクビクしながら投げるのでしょうな(´▽`)



直進してくるので、立ち木の場所を把握してうまく通せれば・・・と思います。
(ホントはジョイクロ沈めたいが、S字に動かれると確実にロストしそうなので。輪ゴムチューンでI字引きにしてもいいのですが。。。)


まあ、ベイトが通るようなあまり立ち木が無いところを狙えば問題なしか・・・。



頼むぜカイテン(/・・)/
PA230004.jpg







それと使わなくなったバズベイトを壊して・・・

フロップジグ風。
PA230005.jpg



ビッグベイトのカイテンで駄目ならサイズを落としてこいつでも・・・。


底まで沈めてからデットスロー引きに・・・・



でもこの2つ・・・次の釣行でいなくなってしまいそうだが・・・・。(即効根がかりしそう・・・)




最後にちょーひさびさ。


アンモナイトシャッドとPDチョッパー。
PA230006.jpg


パッケージから出してもいなかった状態で家にありました(笑)


少し沈めるなら持っていくか!ちゅーことだけです。


ある時期少しだけ使いましたが、神の動きが効かない時期だったのでしょう。
(魚のさの字も引っ張ってきてくれませんでした・笑)


今なら効きそうな・・・・そんな気がします。
(ま、なんでも沢山投げなきゃわかりませんからね。)






ここ最近は3m以上沈めるような釣りをほぼしていなかったので、深いところはもう訳がわからん(?▽?)といった感じですが、今の水の状態から少し深いところもやらねばならないと思い、用意してみたわけでございます。


またシャローが回復してきたらガッツリ浅いとこをやるので、ある意味こんな時しか沈める気にならないといったほうが正解かも(笑)



狙いは4~6m辺り・・・・・       かな??








PS・でも雨が降ったらまったく投げるもの変わるかも(笑)


 そんな月曜日は天気予報〔雨〕(大笑)






■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 日記 | 13:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

厳しい片倉!

日曜日に出撃してまいりました。
一日中寒くて、途中からぱらぱらと雨が降ってきましたが
流れ込みが発生するほどではなく、ただただ冷たい雨となりました。
僕もいいかげん状況にアジャストしなくちゃと思い
ふだん使わないワーム系の釣りで挑みましたが
完全ノーバイトでした。まあこの日は最高釣った方が2匹という
厳しい状況でしたので、付け焼き刃の僕なんかでは太刀打ちできない
のはしょうがなかったんでしょうね。釣れている人もみな25センチ
くらいまでのチビばかりでした。
釣果ノートに「1バイト」と書いてあったのが印象的でした(笑)
それくらい厳しいということなんでしょうね。
この状況の攻略、ぜひぜひお願いします!

| オペラ座の怪人 | 2010/10/25 10:41 | URL | ≫ EDIT

オペラ座の怪人様

こんにちは。

日曜は人手も多かったみたいで、それもきつかった原因でしょうね。

私は月・火と行ってみましたが、反応するエリアはかなり限られており、結局釣り方もピンで狙い打つ形でなんとかかんとか釣れた感じです。

良いエリアには何度も何度も入りなおす・・・

そのくらいでいかないと1本が遠くなってきました(汗)

| 管理人 | 2010/10/27 08:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://basuhuntouki.blog26.fc2.com/tb.php/371-79fe2a29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。