FC2ブログ

バス釣り奮闘記【坊主なんて怖くない。。。】

ビッグベイトとジグを主体にストロングスタイルで挑むバス釣りブログ。最近はシーバスにも手を出し海でも川でも湖でもバスと名がつく魚を追っかけております~。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スイッシャー

ここ最近非常に多くのアクセスをいただいております(驚)


ほぼ笹川湖(片倉ダム)の釣行で・・・
しかも無理くり釣っている感じで・・・
タックルの細かい使い方などは知らないためまったく無く・・・
専門知識もほとんどない・・・汗


そんなブログになぜアクセスがあるのか、未だ意味がわからない私(笑)


なんか来ていただいている方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
(もっといい情報みたいなことを書ければよいのですが・・・)


この先もまったくプラスにならないような記事ばかりになると思いますが、まあ鼻でもほじりながら見てやってください(´▽`)





今週は出撃しなかった私ですが、週明けの激雨で湖の状況はさらに悪くなったようで、良い釣果も聞きません。


夏から秋に入る頃の冷たい雨でガラッとターンのようになった頃と比べれば、気温が少し下がっての大雨なので、強烈なターンにはなっていないと思われますが、単純に水温が下がったことと、水温低下は濁りが取れずらいということもあり、活性激下がりなのかな?と勝手に考えております。




たぶん今週出撃していたら高い確率でボウズだったでしょうな(´▽`)




逆に行かずにダメージを受けずに済んだかな?






さて11月。

週明けの雨の濁りやらなんやらが回復するのに多少の時間がかかりそうですが、水が回復すれば、完全冬パターン・・・



とはまったく思っておらず、まだまだこれからが秋パターンだと。


水温も下がりワカサギなどのベイトにしてみれば、逆に動きやすい時期に入るため、今まで深い場所で動いていたベイトも表層付近まで範囲を広げてくる・・・と勝手に思っております。


バスにとっては冷たい層より居心地の良い層に居たいわけですが、いくら居心地が良い層といってもエサが居なければ話は別。(冬に備えて食べなきゃならないでしょうし。)


水温や水の状況、濁り具合・・・それよりも第一番に大事なのはエサがいるかどうか。

どんなに水のコンディションがよい状況でもエサがいなければバスもいない。

エサありき(まあ、1年中そうですが・・・)




この時期、バスをサイトで見つけるのは苦しくなってくるので、ある意味ベイトのサイトをしていく私・・・。


基本シャロー主体なので、シャローにいるベイトを探していく・・・


ベイトがいればその周辺に・・・・・(・∀・)



そんな感じで(笑)


1・2月の真冬になるとそれも厳しいが、12月いっぱいまではそれでも行けると昨年思ったので、たぶん今年もそんな感じにしていくはず。


ベイトを見つけてその周辺を攻めて・・・・
駄目なら時間を変えて入りなおして・・・・
それでも駄目ならビッグベイトでベイト散らして・・・・



なんて。




何とかして寒い時期でもシャローで・・・ということから、まあ色々考えるわけです、はい。






はたから見れば「それでは釣れないよ」と思われそうですが、それでもいいんです。
自分で無理と思うまでは、やらずにはいられないたちなもんで(´▽`)


ま、1月から2月の中旬はそうはいきませんが(T▽T)








おもいっきり話は変わり・・・



トップのルアー。

以前は色々なルアーを試していたが、これだけあればいいな・・・とかなり絞れて来ました。

細かいことを言えばこんなヤツや・・・あんなヤツや・・・とあればあるだけ良いのでしょうが、そんな事いっていたらタックルボックスをボートに何個も積むハメになるわけで。


で、私の中で必要なトップというのが・・・


フロッグ
ビッグバド
スイッシャー

この3種。(ビッグベイトのフローティングはまた別ということで)


どうにも攻められないごちゃごちゃカバーやナチュラルな着水音が必要な時、虫系ということで使用できるフロッグ。

食わせが効かないが表層付近にバスが居る場合、テリトリーに付いたバスを狙う場合ということでビッグバド

食わせで使ったりやベイトチラシ、バスのスイッチ入れたり、スクールのバスに取り合いさせたり、バズベイト替わりということで使用するスイッシャー



基本これだけあれば十分ということで、トップはほぼこの3種だけ。



一つのルアーでも使い方はさまざまできるので・・・・。




バドやフロッグについてはあまり書くことも無いのでスイッシャーを少し。




スイッシャーといってもどうもしっくりするものとこれまで出会わなかったので、ミノーのリップを折ったりして、無理やり改造して使いやすくしたものを使っておりました(笑)


改造品
PB030001.jpg




それでもそんな無理くりルアーでも釣果が出ていたので、まったく問題は無く・・・。



最近では何度もいじってボロボロになってしまったエバーグリーンのサイドステップに小さなバズフロップを付けてみたり(爆笑)

PB030002.jpg

なんじゃこりゃ(笑)




これじゃスイッシャーじゃないか・・・・汗




フィールドに出て、こうだったらな・・・・ああだったらな・・・・とよく思うので、それを無理やり形にしてしまう私です(笑)



でもそれでたまに釣れちゃったりするので、またいじったりしてしまう・・・。



で、スイッシャーは改造品ばかりになってしまっておりますが、唯一正規品のままなのがこれ。


PB030003.jpg



これは片倉のトッパーさんにいただいたダブルスイッシャー

トッパーさんには有名なルアーだと思いますが、私はあまり知らないので(普通のメーカーのルアーでさえも名前は良く知らないし・・・)、調べてみたところMt.autumnさんというメーカーの“キッツナー”というルアーでした。



見せてもらったときに・・・



「あっこれ普通に釣れるでしょ」



と思ったルアーで、なんだかんだのうちにいただいてしまいました(ありがとう御座います。)




トッパーの方が使うルアーは非常に凝っていたり、面白い形だったり、変わったものだったりという印象がありますが、私はこれいいな~と思ったルアーはどこのメーカーのものであろうと関係ない人なので、何でも取り入れていきます(・0・)/




基本的にビッグバドを投げているくらいですから、トッパーの方達が使うようなルアーでもまったく問題なく使える人です(笑)




ダブルスイッシャーは前にペラがあるおかげで、ボディ全体にペラの水流がまとわり付いて、バスからはたぶんぼやけて見えるルアー。

ハードプラグでも堅いものなのかわかりづらくなるという点で、たぶん他のルアーよりも釣れるものだと思っております。

さらにトップのルアーなので、水面波動でさらにぼやけて・・・・・


なので一番だましやすいといえるかと。



そんなことからプロペラが付いているルアーは必要性があると感じている私。

スロー引きの食わせから、高速引きのリアクション、ロッドを使ってリッパーベイト風に捕食スイッチを入れる等さまざまな使い方が出来るのが良いですね~(´▽`)
後は虫っぽく使ってもいいですな。サイトでもいけそう・・・。



丁度このルアーは10cmくらいのものなので、どのようにも使えそうです。

PB030004.jpg
PB030005.jpg



こういうの一つあると非常に助かりますな。




ここ二ヶ月近く水の状況が良くなかったことでほとんどトップを投げていなかったが、これから少しずつ水が回復し、ベイトが浮上してきた時に・・・・・





投入しよう( ̄ー ̄)







■ポチッとお願いします(・∀・)/にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
スポンサーサイト

| 日記 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://basuhuntouki.blog26.fc2.com/tb.php/375-353c52a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。